2015年 1月 の投稿一覧

タスク管理の話、セルフマネージメントが必要な時代だからこそ

個人的に本が大好きで、良く読みます。

ビジネス本を読むと大概出てくるワードがタスク管理やTODOといった言葉。

このワードが今回の記事の本題です。

タスク管理って何?

人それぞれ定義付けが違うと思うんですが、個人的に思うのが、やるべき事だったり、課せられた事を記憶し、優先順位を付け、管理していく事だと、思っています。

何故、タスク管理が必要なの?と言う問いに対して、作業効率を最大化することが目的としてあると思います。

目的が明確化しているから、タスク管理が行える。

仕事に対して、納期日を決めると仕事がはかどると良く言われます。

ゴールのフラッグ(納期日)が刺さり、そのフラッグに対して、直線かつ最短ルートで走るようにする事が目的。
だから、納期日を決める。

いったら、逆説的な考え方ですよね。

タスク管理を導入するのも、この目的の軸がぶれなければ、三日坊主で終わる事はない気がします。

継続が出来なければ無駄に時間を消費するだけ

タスク管理やTODOリストって言うのは、ホントセルフマネージメントに特化したツールですよね。
使ってると分かりますが、自分自身に対してレールを引いていく作業みたいな感じ、このレールの引き方次第で、時間をうまく活用できるかがどうかがかかっていると思います。

タスクに、ミーティングが3日後にあると分かっていれば、そのミーティングに対して、シュミレーションをしておく事も出来ますし、何より【先手を打てる】って言うのが大きい。

把握をしておく事で、次は何何があると分かれば、先手を打てる。

先手って言うのはほんと大事で、後手に回ると、浮き足出す事が多々あり、大事な商談とかだと、それだけで、失注に繋がったりする。
本来の自分の力を出せないといった方が、正論なのかもしれないですね。

しかし、このタスク管理やTODOリストの作成は導入してから、1ヶ月が勝負なんではないかな?と思います。
その期間継続が出来れば、優れたツールになってくれますし、めんどくさいからやめようと思ってしまえば、やめてしまいます。
結局は無駄な時間、無駄な作業になっちゃう可能性もありますよね。

続けるコツは【2分プロジェクト】を必ず遂行する事

ネットサーフィンしているときに、見て、エバーノートにすぐにメモった用語があります。
【2分プロジェクト】2分でやれることは、今すぐやる。

やらないといけない事を思い出したけれど、今は違う作業をやってるから、後で・・・

ではなく、タスクに放り込む。
いったら、メモですよね。

自分だけが分かれば良いんです。

新しい習慣を始めるときは、2分以内の習慣にあてはめる事で、続けやすくなります。

タスク管理系のアプリも使ってはいるんですが、メモ帳にやらないといけない事リストを作り、一日一日、出来たら消して、追加したら、また違うメモにうつし変えてって言うのをずっとやってます。

デジタル×アナログじゃないですが、デジタルも使いつつ、アナログも取り入れていく。

手で実際に文字を書くことにより、頭が記憶してると感じています。

デジタルの方では、スマホアプリでも配信されている【Todoist】を使ってます。
PC、タブレット、スマホで使えますし、有料版もあるんですが、無料版で全然使える優れものです。
https://ja.todoist.com/

地域密着型ビジネスは自社サイト運営に力を入れた方が良い

ローカルビジネスって言葉はマーケッター、マーケティングに従事している人間は良く耳にしていると思いますが、一般の方からしたら、実際に自分がローカルビジネスを行っている事に対して、ピンと来ない方も多いかもしれません。

俗に言う、地域密着型ビジネス。

都内で店舗や都会で店舗を構える訳ではなく、地元、田舎の地域で商売をしている方に対して使われます。

ローカルビジネスをされている方は本当に良く、紙面媒体であったり、WEB媒体であったりとか飛び込み営業を受けたり、電話営業を受けたりされると思います。

  • 期待できそうだし
  • ○○さんの所もHPを作ったと言ってたな。
  • 最新型と言う言葉に弱い。
  • 他社の成功事例を説明を受けて、イメージとして出来上がる。
  • 値段が値段だし、一回やってみようか?

こういった感じで営業の方に載せられて、広告出稿をする。

効果は出るかもしれないです。

ただ、永続的にランディング運用がかかったり、規約と言うものは随時変わってくるもの。
広告を投げる方がもし、広告だけで利益確保が出来てしまったら、その広告会社が居なくなってしまったときに、自分の会社が・・・

会社の従業員に給料が・・・

払えなくなってしまう。

広告を否定したい訳じゃないんです。
それぐらい、営業って多いな。
営業の方と話しても、めちゃくちゃだな。とか。

決まり文句が【結果は保証できません。】

また、保証させて頂きます。と言うだけ言って、会社名を変更したり、飛ばした会社だって、実際に存在しました。

それぐらい、良い会社と悪い会社が多く存在する。

僕自身、広告を投げた事もあれば、広告のお仕事を引き受けた事もあります。(進行形です。)
※広告に対して、隣合わせの環境に身をおいています。

僕がいつもクライアント様に対して、お伝えするのは、もたれかかる関係を構築するのはリスクが高すぎるという事。

それすなわち、知識をつけてもらうという事。

はじめは不可能だ!と思う事もあるかもしれないです。
雑でデザインに乏しいHP、FB、ツイッターになるかもしれないですが、そこが僕としてはローカルビジネスの醍醐味だと思うんですよね。

地域型ビジネスに置いて、ユーザーが求めているものって、親近感であって、温かみであると思います。
勿論業種によります。

お金をばらまいて、凄い動きをするHP
ライターさんが書いた、プロの記事を配信

若い方はこういうのに、対して敏感だし、良いと思うかもしれない。
ただ、ローカルビジネスの強みは他にあります。

ローカルビジネスの強み

ローカルビジネスの強みと言うのは、HPだけではなく、口コミからのHPアクセスもあるという事
色んな形で、HPやFBページに訪問してくれて、ファンになってくれる可能性を凄く秘めています。

広告の怖さ

一発ものは受けが良く、広告に頼ってもいいかもしれない。

ただ、ローカルビジネスと言うものは永続的にお客様になってくれる商売が大半です。
そうなってくると、ターゲット層と言うのは、店舗の近場の方が対象になってくる。
大体相場的に80パーセント以上の収益が、近場の方になっている場合、会社運営がうまく回っていると思います。

しかし、広告だけの収益で、遠方から、その商品欲しさに立ち寄ってくださり、購入頂いた。
そういったお客様収益だけの場合、まず、リピートしない!
危ないと思います。

このリピートしないって言うのが、2、3年と経過するにつれて、パンチが効いてきます。

広告を打つ前にまず考える事

ビジネスがうまくはいってなかったとしても、乗り切れて、存続できている。
それはどういった方々に支えられて、成り立っているのかを、明確に知る事。

そういった方々をどんどん広げていくのに、対して、広告は必要なのかどうか?のご検討を!

HPを作るのに対しても、地域密着、検索ワード的には検索数が少ないかもしれない。
ただ、その分、SEO的にワードは狙いやすくなる。

そして、そのワードのどれかが、1位を取り、主軸にする事が出来たら、名刺に、付け足す。

そうやって、小さな自分で出来る事を増やしていき、ブランディングを行っていく。

商売と言うものは限りなく、終わりがないもの。
ブランディングに対しても、終わりがないもの。

まとめ(最後)

僕が最終的に求めるのは、HPやFBページ運用だったり、SNSマーケティングだったりって言うものは主軸ではないんですよ。と。
いわゆる自分を代弁してくれるツールなんです。
その代弁してくれるツールを育てていきましょう。

色んな壁があり、そんな時間を使っているヒマはないと思うかもしれない。
時間がかかるかもしれないです。
ただし、諦めずに【継続し続けた人は強い】

そして、それは財産になりうるものだと確信しています。

Googleの新CMが凄いと話題に!?確かに斬新ですよね。

あけましておめでとうございます。

今年のお正月はゆっくりと過ごし、普段見ないテレビとかも見てました。

自分としては動画編集、動画作成とかもやってる身なので、コマーシャルとか結構見てしまいます。

あぁこのCMは良く出来てる。
お金かかってる。

芸能人だけで押してきたな。とかね。

何を訴求しているのか?
深層心理に訴えているのか?

とか、作っている人がどこの視点で作成しているのかを、良く考えてしまいます。

って、こういう角度でコマーシャルとか見ると凄く面白いんですよね。
15秒とか短くて、程良いですしね。

はい!!本題に参ります。

Googleの新CMが凄い!

グーグルさんの新しいCMを探してみるとありました。
下記がそうです。

Google さがそう:「踏み出そう。2015」篇

タイトル通り、探そうって事で求めてるものは【Google検索】

いまさらCMなんて、打たなくてもいいだろ?って思った方もいらっしゃるかもしれないですが、訴求しているのではなく、伝えたい。って感じですよね。

メッセージ性が強い!!

Google検索の活用例みたいな感じ。として僕個人的にはうつりました。

日本全体として、新しい一年の始まり、失敗を恐れず、新しいことにチャレンジしましょう。と言う応援をしているようにも感じますよね。

画像検索機能、YOUTUBEを持ってるから、何でも出来ちゃえるGoogleさんらしい。クリエイトされた、動画ですよね。

凄く温かみがあるCM。

YOUTUBEにあげられた、動画をCMとして採用している点もかなりGood

決して上から目線じゃないですよ。

ただ純粋に凄いなぁ~と・・・

動画で見せてるからこそ、テキストが映える。

メッセージとして受け取りやすいイメージを感じました。

飽きないんですよね。
ぐっと見てしまう。

こういうCMを作って見たいものです。

小田和正さんのCMもかなり見入ってしまいますが(笑)
それはまた別のお話。