A4用紙に思いつく事を全て書き出して脳内アウトプット!?

『スポンサーリンク』

速さは全てを解決する『ゼロ秒思考』の仕事術を最近読みました。

めちゃくちゃ久しぶりの更新になっちゃいました。

右往左往して、自分でも、迷走時期だったんちゃうか?って思うような日々でしたが、何とか抜け出した感が最近出て参りました。

本題です。
会社に属するようになって、本気で思う事が、ノイズが非常に多い。

特にPC関係の仕事をしている方にとって、このノイズは天敵ではないか?と思うんですよね。

一点集中、没頭してやる事があり、没頭している最中にノイズが入る。

ノイズは結構怖い。

  • さっきまで何をやっていたっけ?
  • 他に優先順位の高い仕事が来てしまった。

仕事時に頼んでいた内容じたい、忘れてしまった。

毎月1回提出して貰う資料が必ず同じ人間だけ、決まって遅い。(後追いが必要)

こういう、すぐに解決できない問題は紙に書く、TODOに記載するのもありなんだけども、ずっと脳に居て、結構モヤモヤしてしまい、目の前にある仕事が集中出来ないとか。
おきてました。

勿論、私自身の未熟さ故になんですが、こういうものを一日、何回も何十回も書きなぐり、頭のモヤモヤをすっきりし、その日のやる事のスケジュールを一から組み、導線を決めていく作業を最近はずっと行っています。

これが最近は結構、好調なんですよね。

自分の中での自分の作業のレールをひく作業がこんなに難しいとはおもわなかった。

何重にももつれた紐を解いていくイメージが大事。

一個一個、目の前の仕事を潰したらまた次といけたら良いんだけども、なかなかそういう仕事ばっかりではない。

密接に絡みあい、日にちを要するものもある。

また自分自身のメンタルにもよりけりで、その絡み合っているものが、余計に絡み合う事もある。

これを解いていくイメージ。

脳がすっきりしていると、作業効率が格段に上がる

毎朝、脳トレはしているんだけども、慣れって怖くて、1年やり続けたら、筋トレと同じで、少しの微差を追求する形となる。

そうなると、脳はきっとフラストレーションがたまるんだと思います。

で、脳がもやもやする。

それをすっきりさせるのが、考えてある事を1回全部外に吐き出す作業。

集中しなくてはいけないとか思うと余計に集中が出来なくなっちゃうし、何か、意味わかんない事がぽっと頭の上でおりてくる事がある。

そういうのも全部メモに書いてます。

作業効率を上げようとロジック的に試してみて、格段に上がった!と言うのもあれば、脳や筋トレと同じで、微差を追求する形となるかと思います。

この微差の追求からは決して逃れようが無いと思うんですけども、脳がすっきりするだけで、何倍も早くなる時があるんです。

めっちゃ集中できるときがたまにある。

無敵状態?
スポーツ選手でもあるらしいんですが、『ゾーン状態』と言うらしいです。

この状態になるべく入りやすい環境を作ることがとても大事なのではないか?

まとめ

脳のせいにして、仕事が出来ないという事を避けてると思われるかもしれないですが、以外と上記のように紙に書き出して、今残ってる仕事、中途半端な仕事、周りに降っていて回答待ち状態の案件。
等を一気に書き出す。

そうすると、もやもやも自然となくなり、一個一個また潰そうと思えるのが不思議。

1度お試しあれ!

『スポンサーリンク』

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*