仕事

WINDOWS7の動作を早く高速化する為に行った7つの事

普段使っているパソコンが購入した時よりも、明らかに動作が遅くなった。

マウスがカクカクするくらい重い。

等仕事やプライベートでパソコンを使うときに感じる違和感。

仕事にも支障が出るレベルの遅さ。。。になっていると感じた事は御座いませんか?

今回、遅い!と感じたので、高速化、元のレベルまでに何とか戻したいと思って、実行した事をまとめてみたいと思います。

結果、元のレベルまでにとは行きませんでしたが、遅いと感じたときよりも、早くなった事を実感しています。 続きを読む

1日1回ブログを書く事を意識して更新|継続する為にやっている事

今日は意識していることについてですね。

継続する事って言うのは根性論では片付けられないなぁ~と思っています。

根性ももちろん必要とするのは前提とした上でのもっとロジカル、ロジック的な何かを突き詰めていきたいと思っています。

継続するためにしていること

継続するためにしていることについてですが、まず継続したいと思っている内容に関して、作業を細かく分けてみたいと思います。

継続したい内容を細分化してみる。

今回はブログを細分化してみます。

  1. パソコンを立ち上げる。
  2. ブラウザーを立ち上げる。
  3. このブログはWPなので、WPの自分のブログのURLを開く。
  4. WPにログインし、投稿を押す。
  5. ブログのネタを考える。
  6. ブログのタイトルを考える。
  7. ブログの記事に対する構成を考える。
  8. ブログに必要な画像を用意する。
  9. ブログの構成を考えた上で、記事を書いていく。
  10. 記事を投稿。
  11. 記事を投稿後、記事の誤字脱字をチェックする。
  12. 誤字脱字を修正する。
  13. 完了。

ブログを一回、書くのに要する作業はこんな感じ。

ブログを書く時に一番詰まる作業を探してみたいと思います。

  • ブログのネタを考える。
  • ブログのタイトルを考える。
  • ブログに必要な画像を用意する。

この三つが自分は一番詰まると判断しました。
この三つさえ、クリアできれば後は惰力で書く、更新することが出来ます。

って事は、完了の後に、もう一個追加しました。
それは翌日のブログのネタ、ブログタイトルを考えるです。

  1. パソコンを立ち上げる。
  2. ブラウザーを立ち上げる。
  3. このブログはWPなので、WPの自分のブログのURLを開く。
  4. WPにログインし、投稿を押す。
  5. ブログのネタを考える。
  6. ブログのタイトルを考える。
  7. ブログの記事に対する構成を考える。
  8. ブログに必要な画像を用意する。
  9. ブログの構成を考えた上で、記事を書いていく。
  10. 記事を投稿。
  11. 記事を投稿後、記事の誤字脱字をチェックする。
  12. 誤字脱字を修正する。
  13. 完了。
  14. ブログのネタを考える。
  15. ブログのタイトルを考える。

こうなりました。

そうすると、翌日WPにログインし、投稿を押した時点で、早々、このネタに関して書くと決めたんだった。と思い出し、惰力で書いていけます。

継続できるかできないかはレールを引くこと、下準備が大切。

継続できるかできないかは下準備にかかっているのではないかな?と思っています。

もしかしたら、今更新しているものがまた、三日坊主で止まるかもしれません。

それは私の根性が足りない+下準備が足りなかったと私は結論つけると思います。

そして、また戻って、チャレンジする。
出来るまでチャレンジし続ける。

そうすることが大事。

習慣化することは大切。

大切なのは分かっているけど、出来ないって方は多いと思います。
私もそうだからです。

継続するためのやり方まとめ

  1. 自分を客観的に見た上で、継続したいと思う内容、作業を一度細分化してみる。
  2. 細分化した上で自分はどこに難関、または壁、ハードルがあるかを認識する。
  3. その壁、ハードルを越えるためにモチベーションが絡んでいることを知る。
  4. 知った上で、闇雲にぶつかるのではなく、ロジカルやロジックをつくり、下準備、レールを引き、壁に対してぶち敗れる施策を行う。
  5. もし、それで成功したならば、そのまま行く。
  6. もし、失敗しそうであれば、上記の内容をPDCAサイクルにあてはめて、再度カスタマイズする。

顧客データを活用する。顧客管理は経営の要だと感じる。

顧客データの活用の仕方が分からない。
顧客管理の仕方が分からない。

この問いに対して、既存のクライアント様から問い合わせが結構あります。

この問いに対しては非常に難しいですし、考え方によっては非常にナイーブな問題ですよね。
繊細さを要する所?だったりもします。

顧客データを活用するのに、パターンは沢山あった事に越した事はない。

例えば、顧客データをどのように管理するのか?を考えた際

FBグループと言うオンライン上の一部制限を設けているが、お客様同士がコミュニケーションが取れる管理を設けたとする。

これだけでは私としては非常に危険だと思う。

何故ならば、ライバル会社からの内偵が潜んでいる可能性があるから。
または同じ業種の人がお客様の知人で、○○はこういう事をしているよ?と話し、ご丁寧にライバルと分かっていながら、知人から説明され、招待をし、参加される事もあるので。

では、どうするか?
オープンなコミュニケーションの場は一つとしてはありだと思います。
また、運用も投稿やコメントに十分に気をつけている事、また定期的に投稿をする事で、運営や運用は可能となるケースが多いですね。

もう一つ、LINEなどのプライベートつまり、1対1でのやり取りやコミュニケーションがとれる場も絶対に一つは持っておくべきです。
面倒な作業にはなるかもしれないし、1対1と言う、会社が大きければ大きい程、億劫な作業ではあるが、この面倒さ、繊細さが顧客データ活用に対しては非常に重要なのではないか?と思います。

新規獲得の労力とコスト

現在ではネットに広告を出稿されている会社は非常に多く、新規一件あたりのコストを計算する術もはっきりとネットに現れており、獲得コストが非常に容易に計算が出来ます。

但し、新規獲得に注意をしすぎるのは危険。

0→1が新規、1→2が既存の振り分け

0の状態は何もない。何も関係性がない状態と言う定義をするならば、0→1が新規獲得が出来たこと。

1回来店1回当店のサービスをご利用頂いた方。
この1回で止まっている方はどれくらいいるだろうか?と考えます。

このデータを取るだけでも全然違います。

1で止まっているのを2にするのが顧客データの活用結果の指標

顧客データと言うのはいわゆる自社内でのビッグデータです。
様々なデータがある中で、どこに着目するべきか?で1度迷います。

そして、表示されている数値に対して、どのような施策を用い、どのような結果にする事が可能なのか?を見るのが、データ分析の面白い所。

そして、経験上の話で恐縮であるが、1から2に動いたお客様は、リピート化します。

2~10までは0→1、1→2に持っていくまでの労力を考えれば、全く労力を要せず、リピート化してくれます。

何故ならば、コミュニケーションが取れているからだと思うんです。

コミュニケーションの必要性、距離感のずれ

0→1の局面で想定できる事は、お互い腹の中を探り合っている状態なのか?と思います。
1で止まっている場合は、コミュニケーションが取れてはいたが、時間の経過と共にお客様自身、忘れてしまっている。
または時間の経過で、勝手に思われている事だが、気まずさが出ている。だから、また新しい所を探そう。と思う。

これはあくまでもケースバイケースであり、全てがそうであるとは思ってはいないが、こういうケースがやはり多いと感じます。

だからこそのデータを活用する。

業種によって様々ですが、まずはパターン訳をしていく

まずはパターン訳ですね。

  • 主婦層なのか?
  • 年齢で分けるのか?
  • 富裕層、中間層なども対象。

年齢層が高めの場合、LINEではなくメール
HPサイトではなく、新聞、折込ちらし
等、アプローチ方法が変わってきますよね!

パターン訳をし、細分化していく。
そうすることによって、DM、ダイレクトメールが、ハガキなのか、それともメールなのか?どちらが有効なのか?

まさにA、Bテストのアナログ版とデジタル版で試すような感じです。

この結果に対して、PDCAサイクルでぐるぐると回して見ます。

1回の結果に対して、レスポンスのパーセンテージを取得し、何回もやって、パーセンテージは上がる事が可能なのか?
それともこの数値と言うのはデフォルトとして、設定しても良いのか?と言うのを施策を行った後は見ていきます。

一番危険なのが固定概念

一番危険なのが、固定概念です。
この年齢幅だし、きっとこうだろう!って言うのが一番危ない。

数値は感情もなく、自分勝手に+から-に変わったりなんかはしません。
動かない絶対値として、値が出ます。
この値をどう処理するのか?と言う際に、感情を持った人間が処理します。

これがやっかいなんですね。

どう処理するか?と言うのはその処理する人に全てかかってきます。
なので、処理する方々は固定概念は持たず、多角方面的に物事を俯瞰し見ることが必須です。

人に相談する事も大事でしょうし、何回も試して、確定していく用心さも良いでしょうね。

しかし、このデータ分析が自分の読み通りに走ったときの感動は、全て責任がかかってきたプレッシャー全てを歓喜と言う形で返ってきます。

顧客データを活用するのまとめ

  • 現在どのようなデータが揃っているのかをまず見る。
  • 0-1で止まっている顧客様に着目する。
  • 分類分けを行う。
  • 分類分け後の施策に対しての結果、値を集計する。
  • 数種類施策を試した後、PDCAサイクルでぐるぐると回転させる。
  • 自分の考えが偏っていないかを確認する。
  • 1-2までに行った数が増えたら、施策成功!

Gestures for Google Chromeを設定する|グーグルクロームアプリでマウスジェスチャーを設定する。

パソコンを触る時間が長い、自分はマウス派だ!って方にはオススメ

ブラウザー環境を整えより作業効率を向上させるべく入れたい必須拡張機能だと感じています。

ブラウザー環境が整う=作業効率が非常に上がります。
WEBサイトを作成していると、様々なブラウザーを使い分けをしなくてはいけなくなりますが、今回はグーグルクロームで私自身、愛用している拡張機能Gestures for Google Chromeを紹介します。

私はノートパソコンを使用する際も、マウスを使います。

ブラウザータブの右端に×マークがあり、ここを押して、タブを閉じる事が出来ますが、いちいちそこの箇所までポインターをもっていかないといけなかったりするのが億劫ですよね。

Gestures for Google Chromeは、自分が設定した、動きに合わせて、タブを閉じたり、新しくタブを開いたりする事が可能です。

では実際に見ていきましょう。

Gestures for Google Chromeの導入方法

Gestures for Google Chromeをインストールはこちらから

上記のリンクより、インストールページに飛びます。
Gestures for Google Chrome

画像の赤丸部分。
この画像では、私自身の画面をキャプチャーしましたので、追加済みのボタンがでてますが、追加してない場合はここに追加のリンクが表示されます。

Gestures for Google Chrome導入後の設定方法

グーグルクロームの右端の三本線の箇所をクリックしてから、設定を選びます。
そして、拡張機能を選択。

そこに拡張機能一覧がでますが、Gestures for Google Chrome™が追加されてますので、確認し、オプションをクリックします。

ここからがマウスジェスチャーを決めていく設定するメインの箇所ですね。
mausujesutya-settei

メニュータブ自体は英語表記ですが、日本語に対応しているので、設定はしやすい?
Actionsを選択します。
mausujesutya-settei_02

デフォルトで様々なマウスジェスチャーが既に設定されていると思います。

マウスジェスチャーの基本的な操作は右クリック+動かすになります。

右クリックを押しながら、→を押すと、一つ右のタブに移動する。
右クリックを押しながら、←を押すと、一つ左のタブに移動する。

等ですね!

新しいジェスチャーを追加で、自分好みに設定する事が出来ます。

設定しているジェスチャー、メインで使ってる動作

私自身がメインで使っているジェスチャーを書いていきたいと思います。

右のタブに移動


左のタブに移動

↓→
タブを閉じる

↑↓→
で選択しているタブの右側全部を閉じる

↑↓←
で選択しているタブの左側全部を閉じる

これが一番頻繁に使うジェスチャーですね。

これだけ?とも思われるかもしれませんが、これだけでも全然違います。

自分が開けるタブ、仕事に使うタブは常に残している方もいらっしゃるかと思いますが、衛生上あまり良くない?

ごちゃごちゃしているのは、私としては、仕事がやりにくいので、使う分だけしかタブは表示しないので、右側全部を閉じる。左側全部を閉じるは重宝しています。

これで設定は完了です。
拡張機能設定のタブを閉じて、新しくタブを開いてみると既に使えるようになっているかと思います。

もし、使えないのであれば、グーグルクロームじたいを1度閉じて、再度開いてみてください。

使えるようになっているかと思います。

以上です。

グーグルの検索結果を10件から50件に増やしてみた。最大100件まで増やす事が可能

今日も、速さは全てを解決する『ゼロ秒思考』の仕事術の続きを読んでいて、グーグルの検索結果をデフォルトは10件ですが、50件に増やしてみました。

検索結果の設定の仕方

私の環境としては、グーグルクローム環境です。
kensaku

右端の歯車のマークをクリックします。

そうすると最上部に検索設定と言う項目があるので、そちらをクリック

Google インスタント検索の予測を表示しないにする

Google インスタント検索の予測を表示しないにしないと、その下にあるページあたりの表示件数をいじれないようになっています。

ここをいじりたいので、表示しないに設定してください。

ページあたりの表示件数をお好みの件数にする

21332121
10、20、30、50、100と選べます。

私は50件にしてみましたが、多すぎる。表示速度に難がある。等でて来次第、微調整を行っていく予定です。

そして、検索結果をクリックしたら別タブで開ける設定もついでに行いました。

まぁ、殆どShift+リンククリックでやっちゃうので、意味があるのか?と言われたら、ないかもしれないですが、物は試しですね!

Google検索結果を多く増やす際の利点、メリット

  • SEO等の観点やライバルサイトをリサーチする時
  • マニアックな問題にぶちあたった時
  • 情報を様々な角度で欲してる時、などなど

全て、私に該当しているんですが、特にマニアックな問題にぶちあたった時は色んなワードで調べたりします。

そして、何ページも辿り、違う記事をめちゃくちゃ見たりします。

上位に表示されている情報が類似している事も多々あるので、多く表示させる方が良いかな。って思いました。

自社サイトを複数運営していると特に使い勝手がいいかもしれない。

自社サイトまたはクライアント様のサイトで複数のサイトを運営しているときは結構良いかもしれないです。

複数とは、
独自ドメインサイトが一個
スタッフブログ用のアメーバなど元々、クライアントが入る前に開設しており、現在も動かしているサイト

とか。

サイト運営者だったら、そんな二度手間・・・と思うかもしれないですが、結構多い。

しかしながら、私自身この考え方に否定的ではないんですね。
この内容はまた後日、記述したいです。

まず会社名などで検索をする。

そうすると、一気に自社サイトが表示されます。

リンクしてくれているサイトや会社の紹介をしてくれているサイトも見つける事も出来ますし、何より、運営を放置しているサイトに気づく事が出来る可能性が高いんですよね。

仕事に関してやる事は無数にあると、サイト更新じたい1度離れてしまう事がままあったりします。

そして、次から次へ来る仕事をこなす日々で、離れてしまったサイトを忘れてしまう。

後は、ネガティブサイトを見つけれる。

会社のネガティブなサイトはないに越した事はないですし、極力排除したいし、早期発見が大切。

逆SEO任務完了と言う記事でも書きましたが、ネガティブサイトを消し去るには、SEOよりも相当な労力を要します。

しかし、あからさまにでてない場合も多いんですよね。
2ページ目とかにひっそりといたりして、会社に不振を抱いていて、リサーチされる方は、1、2、3位以外にも、2ページ目を辿る確率かなり高いと思ってます。

こういったサイト達を見つけれる。
また今回早速見つけてしまった(忘れていたサイト)ので、備忘録としても書き残しておこうと思います。

グーグルの検索結果のまとめ

導入したばかりなので、何とも言えませんが、新しく得られること、または不便だな、元に戻そうか?となる可能性もありますが、今の現状に満足する事なく、チャレンジし、もしかしたら、作業効率が飛躍的に上がるかもしれない事に期待しています。

朝は自分の為に時間を使っています。朝の時間の使い方はどうしていますか?

朝

朝は2時間程、早く起き、自分の時間を確保するようにしています。

朝起きてからの2時間は自分の自己投資時間

朝と言うのは一番、脳がシャキッとし、活性化されている時という事で、自分の自己投資時間枠を作るようにしています。

私は29歳ですが、大学卒業でもないし、社会人としての教養があるのかと問われればない。
一切ない。

人間の器が小さいと思っています。

毎日こういう時間を作ることによって、器の部分、いわゆるキャパシティを増やしたいと思ってます。

仕事に直結する自己投資時間

朝する事は、

・脳トレ
脳トレはLUMOSITYを有料会員になり、定期的にやってます。

LUMOSITYはFBに広告を出稿されていますし、日本でも人気が出てきたサイトなので、ご存知の方も多いと思います。

http://www.lumosity.com/

今の自分の脳トレのデータはこんな感じ

LUMOSITY

・読書
読書はkindleで熟読ではなくサラサラっとめくる感じで読んでます。

本が好き過ぎて、本のブログもやってます。

・GUNOSYチェック
GUNOSY最近、一部上場を果たした人気のアプリですね。

結構前から、使わせていただいていて、重宝しています。

・feedlyチェック
ネットサーフィンしてたり、GUNOSYでチェックしたサイトで面白そうなサイトがあれば、feedlyへ登録し、定期的に更新などチェックしています。
・為替変動
投資を21歳ぐらいの頃より行っていて、今は小lotにはなってはいますが、必ずチェックし、今後の予想などをしています。

大体、上記をルーティンで行う、計2時間程。

朝からリズムを作るように心がける

朝から電話応対やLINEの返答(リアルタイムでのやり取り)等、人が絡んでしまうと、自分のペースと言うのが崩れてしまい、そのまま一日が急激なスピードで終わってしまう。

これは流れを自分に引き寄せられなかったからだと思います。

セルフコントロールをし、タスクの管理を徹底したいと思っています。

時間の使い方をもっとシビアに

私自身、誘惑に負けちゃうタイプなので、一日のやる事や時間の使い方に対して、きちんとレールを敷くスタンスで望まないと、一日が無駄に終わる日なんてしばしば・・・

あれをやりたいのに・・・仕事が詰まってる。。。

って言う、悶々とした気持ち、トータル的なバランスが自分の中で、崩れてしまったら、その日一日なんか、時間が経つのが早くて、一日の達成感がない。。。

って事ありません?

出社時間が少し遅めだからできること?

私自身、今の職場環境だからこそ、出来る事なのかもしれないです。
全ての方が朝に自己投資の時間を確保する事は難しい?ですよね?

ただ、一日の始まりが朝からの場合、30分だけでも良いし、10分だけでも良いから、自分の為にって思える時間の使い方をし、リズムを作っていく。

そうする事によって、作業の処理速度は上がり(自分の場合)格段と達成感も得られるようになりました。

後は、継続するかだけ!!

↑これが一番難しいですよね。。。

初級から中堅ブロガーがHP関係の情報の最先端を走ってる事が多いと思う件

私の仕事はHP作成やちらし作成等の制作物から始まり、その制作物をどのようにブランディングしていき、クライアントがかかげているゴールにどうやって到達していくのか?を考えるお仕事=マーケティングと私は定義付けを行い、自分の仕事としています。

自分のブログを一本しっかりと運用してみようと思い、このブログを開設しました。

まぁ更新スピードは相変わらず遅いわけですが・・・(笑)

情報がやっぱり命

凄腕と呼ばれるブロガーさんのブログ

またはGUNOSYに紹介されたブログを勉強の為に、拝見しています。

このサイトはWPで運用されている。

このプラグインは何て言うプラグインだろう?

リサーチサイト→実装したい→調べる→実装

こういった流れってどこもされていると思うんです。

何故初級者から中堅ブロガーなのか?

アフィリエイトであったり、アドセンスだったり、稼ぎたいと思って、ブログを運用されている方は、基本的に自分で稼ぎたいと思う目標額を決めていて、その額に達するまで、本気で取り組み、そして・・・その目標とした額に到達する。

この達するまでの段階が一番のピーク。
上昇志向の塊だと思います。
でも、目標とした額に到達してしまうと・・・

満足してしまう。

この段階で成長スピードって一気に減速する。

WPのプラグインやPHPの編集などは調べる事から始めると、単純に1時間、2時間は軽くかかる作業。

自分の中で、稼ぎたい!!と追いかけていたときは苦にもならないが、到達してしまった場合、苦に変わります。

そして、時代遅れになる。また稼げなくなる。
でも、昔みたいな感覚を取り戻すのに時間をもっと要する。

結論まとめ

半年~1年ぐらい運用されている先輩方のブログサイトはめちゃくちゃ勉強になる。
そして、2年~3年後のグーグルさんがどういう風に対応が変わってくるのか?って言うのが、結構見えて来る気がする。

今の半年~1年ぐらい運用されている先輩方のニーズを分析したら、【今】何が一番重要視されているか分かりますよね?

  • 記事本数
  • コンテンツの中身の重要性
  • タイトルの重要性
  • ユーザービリティの配慮

昔みたいに企業がトレンドを出して、個人が追跡する時代は終わり。
個人がトレンドを出して、企業が後で乗っかってくる時代。

どこを見て、どの情報を得て、どう活用していくのか?
これが大事だと思います!!

趣味や仕事に使える!FBグループを最大限に活用する。

アイキャッチ

登録されている方も多いはずのFacebook

Facebookを仕事で活用したり、またはFBページを作成し、集客やファン作りに活用している方は多いですよね。

FBグループは非公開のグループ会議だったり、お知らせ議事録的には最適とされて来ました。
私個人的にも、良く使用しており、重宝しておりました。
ラインとは違い、履歴がずっと残ってる点が、良かった。

最近私が実際に使っていて、FBグループのあり方と言うものも進化しているのではないか?と思い、調べてみました。

mixiのコミュニティ

mixiって今はされていますか?
私はmixi全盛期ほどではないですが、まだ、mixiも活用しています。
mixiのコミュニティでは自分がチャレンジしたい分野で凄腕の方が同じコミュニティにいたりして、その方達に直接情報交換などして頂いた経験もあり、情報収集したり、同じ趣味の方と繋がる場所だったのを覚えています。

FBグループも当初そんな感じなのかな?とも思ってたんですが、そうでもなく。。。

しかし、最近?私が感じるのが遅かっただけかもしれないですが、FBグループもmixiコミュニティの実名版みたいな感じになってました。

きっかけはガンダムのプラモデルを作りたい!!

今まで、プラモデルを作った事がなかったんですが、ガンダムのプラモデルを作りたいと思い、アイテムなどをそろえて、ガンプラを作って見ました。
でも、クオリティが低い!
もっとあげるにはどうすれば良い?
ネットで調べても、アフィリエイトっぽい感じの記事ばっかり出てくる・・・

そこでFacebookの検索窓にガンダム プラモデルと検索してみました。

そうするとFBページが並んだりするんですが、グループも確かに存在し、そのグループページが凄くにぎわってるではないですか!!

僕が加入した時は、900名ぐらいだったんですが、今では1300名オーパー。
大体2ヶ月で400名増えた事になります。

FBページなどを運営している方は分かると思いますが、この数値って結構凄いんですよね。

実名制のmixiのコミュニティみたいな感じで、分からない事は質問したら、分かる人が返って来る。
そして、自分達が作り上げた作品や結果を画像で皆に報告し、たまには悪口的なのもあるかもしれないが、奥底にあるのは、愛だったりしますよね(笑)
応援と言うべきか。。。

私が、求めていたのはそう!こんな感じ!

先駆者がいて、教えも受けれて、同じ趣味を持つ方々だからこその何か暖かい感じ!!これが好きなんですよね。

Facebookが結構ビジネスセミナー、自己啓発セミナーのイベント招待ばっかりで・・・

Facebookがビジネス人ばっかりの投稿になって、少しうんざり・・・といった兼ね合いで、利用者数も減少されているとささやかれてる一方で楽しみ方はまだまだ沢山あるんだなぁ~と、感じました。

まだ続きます!!

今回のガンダムのヒントをきっかけに、自分自身のローカルのFBグループを発見したり、ジョギングも定期的に行っていたので、ジョギングのグループを発見し、実際に、近場で走られてる方と参加させていただいたりしました。
結構ジョギングって、自分ひとりだと、これぐらいでいっか?となってしまってたのですが、会話も出来るので、これはいいな。と個人的には思いました。

繋がる!!と言うフレーズで、FBグループを是非活用していただければと思いました!

60万部越えの修造カレンダーを買ってみた!熱い!熱すぎるぞ!

事務所で仕事をしていると、卓上カレンダーや日めくりカレンダーって言うのがほしくなりますよね。
ずっと気になっていた修造カレンダーをとうとう買ってみました!

AKB越え!テレビにも紹介されるほど、爆発的人気の裏側とは!

修造さんは熱いキャラとして、定着化していますが、やってる事、言ってる事ってやっぱり理に叶ってるんですよね。

成功哲学や自己啓発的を感じる何か。。。

いわば修造イズムが心地良いんですよね。
哲学。
修造哲学!?

まいにち、修造!心を元気にする本気の応援メッセージ

励まされてる感じもあるし、こっちも真剣に熱くなれる。

人って何かにもたれたいって感じる時ってあると思うんですよね。
おもっきりもたれれるというか、見守られてる感?って言うのも、ある気がします。

全力でやるぞ!!!!!!!
今年は絶対に達成させるぞ!!!!って言う方に最適なカレンダー!

言葉に愛が沢山つまってるし、自分自身、きちんと実践してきたって言うのが凄く伝わります。

また、このサイズが良い!!
修造カレンダー
ちらって見れるサイズですよね。

修造さんの家系図が相当凄い!?

父・松岡功(東宝名誉会長)
曾祖父:小林一三(阪急東宝グループ創業者)
曾祖叔父:田邊七六(衆議院議員)
曾祖叔父:田邊宗英(後楽園スタヂアム社長)
祖父:松岡辰郎(東宝社長)
従祖叔父:田邊圀男(総理府総務長官)
父:松岡功(東宝名誉会長)
母:千波静(宝塚歌劇団卒業生)
妻:田口恵美子(元アナウンサー)
兄:松岡宏泰(東宝東和社長)
義兄:辻芳樹(辻調理師専門学校校長)
義伯父:小林公平(阪急電鉄社長)
従叔父:鳥井信一郎(サントリー社長)
従兄:小林公一(阪急阪神HD取締役)

誰でも知っている、会社名ばっかり・・・
凄いエリートコースだった、修造さんが、エリートコースを外れて、打ち込んだテニス。。。

それは、父からの支援は一切なく、貧困生活をクリアし、怪我にも苦しみながらも、凄い大会のベスト8とか打ち出したんですよね。。。

今回の記事を書くにあたって、やっぱり修造さんの事を調べたりしたんですが、余計にこのカレンダーにかかれている言葉に重たさが乗っかった感じがしました。

オススメです!!

起業家や何かに頑張ってる人にプレゼントにも良いかもしれないですね!!

まいにち、修造!心を元気にする本気の応援メッセージ

逆SEO任務完了!!無事成功してやった事をまとめ

昨年ですね。
逆SEOのお仕事を頂きまして、ミッションを遂行していたんですが、先日ようやく終える事が出来ました。

かかった期間が1年でした。

まず逆SEOとは何?

企業やブランドに対して、ネガティブなサイト
いわゆる誹謗中傷サイトですね。
口コミサイトなんですけど、悪質にその会社だけを落とすような書き込みが沢山見られるとかですね。

大概、ライバル会社がやっています。

後は実際にクライアント様の広告運用として私に任せて頂き、代理運用させて頂いた時に起こった出来事ですが、

ASP会社にアフィリエイトとして、広告展開していました。
申し込みが発生したのですが、明らかに、自作自演のお問い合わせとの事で、案件を否認しました。

その腹いせにアフィリエイター運営の口コミサイトに、クライアント様の会社の悪口を書き、クライアント様の企業名で、自社の次に検索表示されるという出来事が発生した事がありました。

直接本人様と連絡が取れたので、無事、和解し事無きを得たのですが、ホント逆SEOはSEOとは違い、労力を半端なく使います。
逆SEOと言うのはイメージ的には押し出す!イメージです。
SEOは1個のサイトを1位目指して頑張るイメージです。

今回逆SEOを施したスペック

ライバル会社によって、企業名を全て、長期間運営しているドメインや無料ブログなどでSEOを施されており、

ほぼほぼ、ネガティブサイトで埋め尽くされている状態

結構やっかいなワードでした。

クライアント様の要望としては、検索結果の1.2ページ目を対象とし、過半数はポジティブなサイトに変えたい。

また、他の逆SEO業者様にも相談されており、そちらにもお願いしようかと思っているとの事で、こちらとしては、全く問題ないとの事で、了承しました。
また、企業サイト自身はない状態でした。

2ページと言う事で、使用したドメインは最低で20個使い、それから足りなければ増やすという事で承諾して頂きました。
また、業種が業種なので、コンテンツ等に関して、外部でライターさんも使いましたが、従業員の方にもお手伝い頂く方針で、コストを削減致しました。

また、そのままクロージングできるようなサイトにも持っていけるようにコンテンツを作る前段階で、提案させて頂き、納得いただきました。
もし、成功した際に、従業員の方々が、更新、管理が出来る状態に最後は持っていきたかったので、サイト構成は、CMSを採用し作成致しました。

SEOも逆SEOも変わらないもの

それはコンテンツを大事にするという事です。

ブラックSEOを施しまくって、ぐいってあげるのも良いかもしれないですが、長くは続かない。

それだとクライアント様自身、不安がずっと残る事になると思います。

グーグルのアップデートはずっと定期的におこなっており、それをかいくぐるという目線で見てはいけないと思うのです。
あがるべくしてあがったと言う状態を作り出す事がやはり大事だと思います。

その中で、長期的に見て、ブラックからホワイトへ移行可能な手法ははじめの段階で少し取り入れるのはありかな?と思います。

逆SEOを実際にやった事

  • 日本語ドメイン10個
  • 英数字のみのドメイン10個

で運用を開始しました。

  • コンテンツ
  • サイトのHTMLとCSSの最適化
  • パンくずの調整

後はドメインレベルをあげる事を重点的に行いました。

日本語ドメインと英数字ドメインどちらが多く、ランクインするのか?
また、過去の検証結果としては日本語ドメインが強いと出ているが、どうかな?
と思っていましたが、やはり日本語ドメインの圧勝でしたね。

9月が経ち、9サイトはランクインをしましたが、まだまだこれから。
って時に起こります!!

ペンギンアップデート3.0、10月の17、18日ぐらい

このアップデートが追い風を起こしました。
同業者に依頼されていた、サイト達がおもっきり飛んだのです。
それはこちらとしても把握しておりましたが、クライアント様から直接同業者さんが飛んだんだけど。。。
大丈夫?と不安の連絡を頂きました。

こちらとしては、1サイトも飛んでおりませんでした。
若干順位にバラつきが出てはいましたが、安定はするだろうと言う自信がありました。

それから、過半数がランクイン。
クライアント様は過半数とおっしゃっておきましたが曖昧な数字ではなく、はじめの前段階で、目標設定として具体的な数字を提示していましたので、そちらの数字がランクインし、クライアント様の従業員の方達に、更新などの引継ぎをし、一旦はこれにてお仕事終了となりました。

逆SEOでやってはいけない事まとめ

  • ブラックな手法
  • 蹴落とすようなやり方
  • 下げたいサイトに対しての悪いリンクを張る行為

一番個人的に意味がないと思うのが、悪いリンクを張る行為
やられたらやられたで嫌なんですが、今はウェブマスターツールでリンクじたいを否認できる時代です。
やっても意味がない。
いたちごっこになるのがせきのやまでしょう。

そんな事をするなら、素晴らしい記事を1件でも多く作るべきだと個人的に思います。

統括、まとめ

成功報酬型で1ヶ月で上位になり、その保守代金を求める業者様が多いですが、それはかなりクライアント様側として、ハイリスクです。

なおかつ業者にとってはストック収入になります。
これほど、依頼される側に有利な職種もまぁ珍しいとさえ思える内容。

それぐらい難易度は高めだと個人的には思いますし、同業者の方も、料金プラン設定はさすがだな・・・と思います!

しかし、保守代金を払っていても、飛ぶときは飛ぶ!!

お金を支払いした分、飛ばなくなるリスクが高くなるとかはないと個人的には思ってます。

今回みたいなケースでもし、ネガティブサイトだらけになったら。
そのサイト運営者に直接交渉する。
無理なら、押し出すサイトの個数分サイトを作って、しっかり全部運用し、上位表示されているサイト達を上回るサイトを作っていく。って事が言えるかと思います。