WINDOWS7の動作を早く高速化する為に行った7つの事

『スポンサーリンク』

普段使っているパソコンが購入した時よりも、明らかに動作が遅くなった。

マウスがカクカクするくらい重い。

等仕事やプライベートでパソコンを使うときに感じる違和感。

仕事にも支障が出るレベルの遅さ。。。になっていると感じた事は御座いませんか?

今回、遅い!と感じたので、高速化、元のレベルまでに何とか戻したいと思って、実行した事をまとめてみたいと思います。

結果、元のレベルまでにとは行きませんでしたが、遅いと感じたときよりも、早くなった事を実感しています。

1.パソコンを高速化する為に行った事

1.1デスクトップについつい溜めがちなショートカットアイコンを整理&削除

気になった記事や自分が作ったチラシのデータや名刺のデータ。
また何かを作る為の素材写真等、ついついデスクトップに保存し、完成した後に、整理する。とか、デスクトップのショートカットアイコンは多用する方も多いかもしれません。

私自身、デスクトップが全て埋まるということもしばしば・・・
これをまず、整理することから始めました。

デスクトップに置かれているものは、Cドライブに保存されているので、別枠でDドライブに移動またはUSBメモリなどに移動すると良いです。

メモ帳や記事などのURLとかはフォルダを1個づつ作成し、後々見やすい、分かりやすいように整理をしました。

要らないアイコンはごみ箱へ

デスクトップが殆ど空に近いぐらいの状態まで持っていけたら、ごみ箱内を全部削除する。
所要時間20分ぐらい。

1.2ディスククリーンアップを実行

順番的には、デスクトップの整理を一番にしてから、クリーンアップを実行しました。

クリーンアップとは?

ハードディスク内の清掃ですね。

日ごろ使っていると、ソフトウェアをインストールしたけども使わなくなった?だからアンインストールする。

これで、ソフトウェアをインストールする前の状態に戻るかと言われれば殆どが戻らないです。

一時ファイルやごみくずなどがたまります。

または、再度インストールされたときにすぐに前のデータを呼び起こせれるように、アンインストールをしたけれどもパソコン内部でデータが残っている場合もあります。

ディスククリーンアップは1ヶ月に1回は定期的なメンテナンスを心がけたいですね。
所要時間20分ぐらい。

1.3デフラグを実行

デフラグを実行しました。

デフラグとクリーンアップはパソコンメンテナンスでかなりメジャーな部類なので、聞いた事がある方も多いと思います。

デフラグとは

断片化する事です。

長く使っていると、物が増えてきて、呼び起こしたいものを呼び起こしたとしても無駄な処理等が起こり起動が遅くなったりします。

良く例えられるのが部屋の掃除や料理ですね。

料理をする際、例えば、チャーハンを作るとします。

行程としては、炊飯器にお米を入れて、お米を洗う。
そして炊飯器の電源をONにして、米が炊ける。
チャーハンに使う材料をきる。
焼く、御飯が炊ける。
炒める。香辛料を入れる。

チャーハン完成。と言う図式になると思います。

この料理の中で、物の配置が分かっていれば、非常にスムーズにチャーハンが出来上がります。

ただ、普段料理のされない方、奥さんにまかせっきりだったりする場合、炊飯器はどこのボタンを押したらいいの?また炊飯器の場所はどこ?

お鍋はどこ?
包丁はどこ?
香辛料はどれを使えばいいの?

等、出てきます。

非常に凝った料理をすればするほど、作る行程は広がるでしょう。

これを整理する。
これがデフラグです。

少し分かりづらかったかもしれないので、お掃除をする例でも例えてみましょう。

部屋が散らかり、テーブルに置きっぱなしの本を本棚へ。

上着をハンガーにかける。

食器を洗い、食器を置いてある場所へ移動する。

散らかった状態から、掃除をする事がデフラグです。
上着をハンガーにかけることによって、出かける際、選びやすくなり、上着をすぐに選ぶことが出来る。

本を本棚へ並べる事によって、読みたいを本をすぐに見つける事が出来る。

こういう整理整頓をデフラグはやってくれます。

普段何気なく使っているとハードウェアが散らかっている状態なんですね。

私は、散らかりまくっていたみたいで・・・かなりの時間をここに要しました。
所要時間5時間

1.4ウィンドウズアップデートの更新を行う

次に行ったのが、ウィンドウズアップデートを行う事でした。

ここでつまずく方がいらっしゃるかもしれません。
私自身ここでつまづきました。
そして挫折しそうになりました。

ウィンドウズのアップデートは自動更新にされている方が大半です。
ただ、何かの理由で、自動更新されなかったりして、更新が何ヶ月も止まった状態になる場合があります。

ウィンドウズアップデートがなかなか終わらない完了しない理由

様々な理由でウィンドウズアップデートが完了しない事があります。

何時間かかるんだ?と思って傍観されても、終わらない。
ん~どうしよう。
とつまづきました。

そこでググって見て、解決策を探す事に・・・
解決策としては、最新のパッチがインストールされてなかった事。

これをインストールする事で直りました。
http://freesoft.tvbok.com/tips/windows_update/not_proceed_update.html

こちらの記事で紹介されている内容で無事解決。

更新もリアルタイムでされているみたいなので、同じくつまづいた方は是非参考にして下さい。

所要時間10時間
つまづかなければ、30分~1時間

ここまでで、凄い時間がかかってしまいました。

ただ、遅いよりも早くして、作業を効率化出来れば、元を取り戻せるのは間違いないですから、最後まで頑張ってみようと。

ここまででだいぶ軽くなりました。

パソコン上での動きはサクサク状態です。
ただ、ブラウザーが重い。

って事でブラウザーを軽くするように実行しました。

1.5グーグルクロームの動作を軽くする。

eturanrirekiメインで使用しているブラウザーはグーグルクロームです。

シェア率もNo.1になってるみたいなので、皆さん使われている方も多いはず。

グーグルクロームじたいは、高速なんですが、これも使いすぎるとクッキーやら何やらとたまっていきます。

これが重たくなるケースがあります。

自分はまさにこれで、ディスククリーンアップで、キャッシュやクッキーが削除されると勘違いしていたんですが、されてなかったみたいでした。

確認してよかったです。

またアカウント毎にブラウザーを切り替える設定をしていたので、今動かしている4つのアカウントを全てキャッシュをクリアしました。

グーグルクロームの閲覧履歴データ消去のやり方

グーグルクロームの設定を押す(デフォルトであれば右上の縦三つ●をクリック)
詳細設定を表示
プライバシーの閲覧履歴データを消去
123312

ここで項目を選択します。
チェックを入れる項目はデフォルトの4つ+ホストされているアプリデータを選択するぐらいですね。
パスワードなどを消してしまうと、ちょっと厄介なので、注意して選択するようにしましょう。

今回ここで削除したアイテムの個数は4つのアカウント全合計30万個以上のアイテムを削除しました。

そりゃ重たいはずだ。。。と思いましたね。

所要時間:5分

1.6ウィンドウズAero(エアロ)を無効化する。

標準搭載で、ウィンドウズ7には様々な機能があります。

この機能のおかげで、XPより若干遅くなってしまっています。
vistaよりは軽いですけどね。

少しウィンドウズの画面全体が昔ながらのデザインになってしまいますが、高速化は凄い感じると思います。

1.7視覚効果を無効にして パフォーマンスを優先させる

ウィンドウズAeroと同様、標準搭載でデザインを優先したり、コンピューターに応じて最適なものを選択したり等。。。

ウィンドウズ7は何も設定しなければ、作業効率、高速化よりも視覚的なかっこよさであったり等をメインで追求されていると感じます。

ここを設定してあげて、高速化がメインに置く設定に変える事によって、随分と体感速度が変化しますね。

1.6と1.7を行う際に便利な記事がこちらです。
http://speedup-xp.com/win7org/05.html

非常に分かりやすく、項目ごとに書かれているので、便利ですね。
この2点以外にも沢山かかれていますので、是非チェックして下さい。

私自身はここまで行った事で体感的にも感じられるぐらい速度が上がりました。

ただ、2日ぐらい要しちゃいましたけどね。。。

まとめ

感じた事は、定期的なメンテナンスはTODOで管理するレベルで行わないといけない。

決して安くない買い物である、パソコンは日常的に浸透して、パソコンだから大丈夫だろうという無敵な物として捉えがちです。

ただ、パソコンも機械であり、消耗品である以上。

長く使う為に必要な知識を備える事だったり、メンテナンスだったりと言うのは必ず必要だと感じました。

特に仕事で使っているなら、なお更ですね。

また買えばいいや!と言う安直な考えでは、破滅に向かいます。

今ある物をいかにパフォーマンスを維持して、長く使えるか、って事にフォーカスしていきたいですね。

『スポンサーリンク』

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*