個人事業主1年目の確定申告に会計ソフトを導入し自分で管理するべき理由

『スポンサーリンク』

私自身、今年の2月に勤めている会社を退職し、自営業になりました。

会社に勤めていると、確定申告や税金関係と言うのは、事務の方や社長がやってたり、経理課といった専門の担当の人に任せっきりで、うとい。

昨今、開業される方も年々増えていってるみたいですね。

  • はじめての確定申告をしなくてはいけないのは分かっているが、何から手をつけていいのか分からない。
  • 確定申告に対して、漠然とした不安がある。
  • ついつい後回しにしてしまっているが、どうしよう。
  • 税理士に頼むまでもないと感じている。

こういった事は御座いませんが?

これに丸々あてはまっているのが、私です。

使いやすい会計ソフトをずっと探していた。

以前の会社で、会計ソフトを少しだけ触っていたり、経理担当の方と打ち合わせをする過程で、経理をするのには、勘定科目とかフレーズとかは聞いて分かっていました。

そして、会計ソフトが自力感があるものは、避けたいと思うようになっていました。

会計ソフトの代名詞は【弥生会計ソフト】

以前の会社でも使っていたのが、弥生会計ソフトでした。
弥生会計ソフトを若干触ったことがありましたが、税理士がいる!
と感じました。

どちらかと言うと税理士さんありきで構成されているんじゃない?とも感じました。

弥生会計ソフトを使われている方は賛否両論あると思いますが、もっと使いやすいソフトを、どちらかと言うと、パソコンとスマホでロジカルに使えて、1年目で基礎やベースを構築し2年目では、サクサクと終わらせれるような、仕組みを組んで、少しの労力で今抱えている悩みを解消出来れば…と思っていました。

上記の問題点を払拭できるソフトを探していました。

会計ソフトfreeeの導入を検討した。

会計ソフトfreeeを最近は、広告でもよく見てました。

周りの知人の経営者や自営業者ともやり取りして、聞いて見た所、上記の会計ソフトfreeeともう一社をよく耳にしました。
そこから、会計ソフトfreeeについて調べてみました。

会計ソフトfreeeのメリット、優れている点

  • プランによりけりだが、サポートが充実している。(チャットと電話)
  • プランが個人事業主と法人と分かれている。
  • 領収書やレシートをスマホで撮影して、会計ソフトに反映させることが出来る。
  • 銀行口座、クレジットカードの明細を会計ソフトに自動で同期してくれる。
  • 自動で経理機能が非常に優れている。
  • 取引き先がほぼ固定ならば、自動登録すれば、自動経理時に勘定科目などが予測変換してくれている。
  • スマホ、PCのUIデザインやマイページ管理画面がシンプルで使いやすく感じた。

ここで銀行口座の取引き明細を会計ソフトfreeeに同期して自動経理の画面をキャプチャーしましたので、ご覧下さい。

kaikei-tukaikata

金額の箇所の上矢印は入金です。
逆に赤色で下矢印が出金です。

勘定科目や取引先、品目、部門等を入力して右上の自動化を入れる。
そうすれば、次に取引き明細を同期して、同じ口座からの入金があれば、この自動化した入力が最初から入っており、登録ボタンをぽちぽちするだけで、完了する事が出来ます。

私自身、WEB制作やSEO関連、マーケティングとして一つ商品を持とうとしていましたので、ネットショップ等の物販を今期展開しました。

毎月のランディングは殆ど同じになり、自動化として登録しておれば、ポチポチするだけで来期は経費入力は結構スムーズに行く。

紙で貰う、領収書などはスマホで撮影して、会計ソフトに反映する。

仕組みですね。
以下に効率をよく、正確に入力するのにフォーカスしている設計に大変好感をもてました。

個人事業主、1年目の確定申告の書類作成時に会計ソフトを導入した方が良い理由

私が今回、感じた事は、もっと早く導入して、収入と支出に対して、目を配っておけばよかった。と言うのが正直な気持ちです。

どうもお金がないなぁ~とか、利益はちゃんと出てるはずなのに。
でも、明確な数字的な根拠を出す事が出来なかった為に、漠然とした頑張ろう。
で終わっていました。

でも、今回収入、支出を9月段階ですが、途中まで出してみて、自分が思った以上に…結果が著しくなかった。と振り返る事が出来ましたし、何より、それを行わなければ、○○のお金が残っている。

そうすれば今後、○○ぐらいのお金は、見込めてくるなど、具体的な戦略を考える事もなく、パッと浮かびました。

組織が大きくなって、法人化したりとか色々考えますが、1年、1年を考えて、日々の収益を追い求めたいと思います。

その収益に対して、きちんと帳簿をつけることによって、経営戦略を練ることが出来れば、今先行投資を行っているが、そろそろ、回収しないとやばい。

とか投資が失敗に終わってしまう可能性が高い。と言うのを見ることが出来ます。

1度丸まる確定申告の手順をしることの優位性?

また、1度つけてしまえば、自動化が結構な範囲をカバーしてくれる。
確定申告に対しての不安を払拭する事が出来た。

事業規模が開業と共に大きくいきなり税理士任せにしている知人もいますし、それはそれで、その方のやり方だと思います。

ただ、私自身は地に足をつけて、石橋を叩いて渡る性格と思っています。
経営状態を自分自身がきちんと把握し、1日1日のスケジュールの組み方から、月単位、年単位の目標や数値設定が行える。

また税金問題に対しても青色はややこしい!と言う世間一般的な情報を鵜呑みにし、白色で良いか!と思っていたけれど、初期設定ガイドを熟読したり、会計ソフトの管理画面のヘルプを読んだりする事によって、逃げたいものから、うまく活用すれば、ビジネスは加速するかもしれない?

と思えたのはビックリでした。

とにかくまず個人事業主として活動をはじめて、税金やその他のややこしい申請書類や会社としてやっておかないといけないことなどは何も知らず、後から追いかける状態でのスタートでした。

ただ、一からおこなう事、また調べて導入したシステムがバックアップしてくれて、時間をかけた分、レバレッジを利かし、来期以降は時間をもっと軽減できる状態を構築する事が出来た事による安堵は想像以上に大きかった。

組織として規模が大きくなってきてから、会計ソフト+税理士さんコンボで良いと私自身は感じていたので、今回会計ソフトを導入して正解でした。

まだ確定申告を完璧には終えていないので、都度自分の備忘録的な感じでその日に分からなくて調べた点等を書いていきたいと思っています。

『スポンサーリンク』

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*