コンビニ店員あるある。年配の方が深夜に働いていると・・・応援したくなる。

コンビニ店員
『スポンサーリンク』

事務所の近くにコンビニ、セブンイレブンがあり、帰り等の夜中に寄ることが多いんです。

立地が良いのもあり、お客さんの入りも良く、従業員も積極的に採用しているみたいで、あっ新しい人だ。って思います。

あるある1、何回かレジをしてくれた人と距離が近くなった気がする

同じコンビニに通うと、何回かレジをしてくれた人と距離が近くなった気がしませんか?

タバコの銘柄を覚えてくださっていたりすると嬉しかったりします。

今回は新しい従業員が年配の方だった。

今回レジをしてくれたのが、年配の方でした。
名札には、研修中の札がある。

どうみても、おろおろしている。

あるある2、夜中のコンビニの勤務体制、従業員が2名体制

従業員が2名体制と感じるのは私だけでしょうか?

その日も従業員が2名体制でした。
現職の暦が長いであろう、20代後半の青年

そして、今回の主役、研修中の名札をつけてる【年配の方】

セブンイレブンでの支払いは殆どナナコカードにチャージしてから、支払いを済ませるようにしている。
理由は、財布から出す時間、チャージポイントが貯まるなどメリットが数個あると感じているから。

【1000円チャージで!】と言うと、
【1000円チャージですね。】と返してくれた。

でも、年配の方の心の中で変な汗が出てるのが、凄く伝わってくる。
私の心の中では【あっ知らない。】と思いながらも、【頑張れ!】と思う。

時間にして、1分弱だが、待っている時間はそれ以上に感じられた。
年配の方からしたらもっと長い時間と感じたのではないだろうか。。。

年配の方の話し方、声のトーンを聞く限り、営業畑出身の方?と思われるような、凄く感じの良い人。
コンビニ店員の風貌はしていない。

そう思ってるのは紛れもなく、私の妄想であり、個人的な見解でしかない。

慣れた若い店員さんは、支払いの事等は一切、気にせず、頼んだタバコの付録ライターをくれた。
【有難う御座います。】と私は一言。

若い店員さんはすぐにタバコの方に向かっていき、戻ってきて、一言。。。
【携帯灰皿もありますけど、どっちが良いです?】と。。。

慣れている若い店員さんは貫禄もあり、余裕すら感じられる。
その間、年配の方は・・・

変な汗がただただ、流れて、放った言葉が・・・

【カードを差し出してください。】

支払いを行うにはカードを充てるところが光っていないといけない。
しかし、全く光っていないのである。
考えに考え放った一言は、一瞬にして、崩れ去り、また迷宮に迷い込んだ。

若い店員さんには【携帯灰皿下さい!】と伝えた。

状況を察した、若い店員さんは、ナナコで支払いを行えるようにし、精算を無事に済ませる事が出来た。
コンビニを後にして、車に乗り込む間、乗り込んでから、すぐに移動せず、タバコを吸いながら。
少し考えた。

きっと、日中は日中で、頑張って仕事をしていそうな年配の方。。。

全く知らない環境に飛ぶ込むには勇気がいる。
人間は変化を嫌う生き物だし、でもその変化を受け入れられないといけない【何か】があったのかと・・・

頑張れ!年配の方!と思いながら、帰りました。
あくまでも妄想ですけどね。

まとめ

上から目線で見ているわけではなく、私の兄は35歳、ニートで親のすねばっかりかじっています。

変化を嫌い、新しい職を探さないといけない。

と思いつつも、逃げれる環境があるし、変化が恐ろしく怖いのでしょう。

応援はしていますが、第一歩を踏み込むのは兄だと思っています。

家族ですし、一生絆は切れない関係なので、何とかして欲しいと常々、思っています。
だぶらせるって言うのもおかしいですが、日々、全力で頑張って、チャレンジしていると思うと、自分も力がもらえますよね。

コンビニ店員さんとして最高の接客をして頂いた!と思いました。
必死さがめちゃくちゃ伝わりましたからね!

『スポンサーリンク』

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*