逆SEO任務完了!!無事成功してやった事をまとめ

昨年ですね。
逆SEOのお仕事を頂きまして、ミッションを遂行していたんですが、先日ようやく終える事が出来ました。

かかった期間が1年でした。

まず逆SEOとは何?

企業やブランドに対して、ネガティブなサイト
いわゆる誹謗中傷サイトですね。
口コミサイトなんですけど、悪質にその会社だけを落とすような書き込みが沢山見られるとかですね。

大概、ライバル会社がやっています。

後は実際にクライアント様の広告運用として私に任せて頂き、代理運用させて頂いた時に起こった出来事ですが、

ASP会社にアフィリエイトとして、広告展開していました。
申し込みが発生したのですが、明らかに、自作自演のお問い合わせとの事で、案件を否認しました。

その腹いせにアフィリエイター運営の口コミサイトに、クライアント様の会社の悪口を書き、クライアント様の企業名で、自社の次に検索表示されるという出来事が発生した事がありました。

直接本人様と連絡が取れたので、無事、和解し事無きを得たのですが、ホント逆SEOはSEOとは違い、労力を半端なく使います。
逆SEOと言うのはイメージ的には押し出す!イメージです。
SEOは1個のサイトを1位目指して頑張るイメージです。

今回逆SEOを施したスペック

ライバル会社によって、企業名を全て、長期間運営しているドメインや無料ブログなどでSEOを施されており、

ほぼほぼ、ネガティブサイトで埋め尽くされている状態

結構やっかいなワードでした。

クライアント様の要望としては、検索結果の1.2ページ目を対象とし、過半数はポジティブなサイトに変えたい。

また、他の逆SEO業者様にも相談されており、そちらにもお願いしようかと思っているとの事で、こちらとしては、全く問題ないとの事で、了承しました。
また、企業サイト自身はない状態でした。

2ページと言う事で、使用したドメインは最低で20個使い、それから足りなければ増やすという事で承諾して頂きました。
また、業種が業種なので、コンテンツ等に関して、外部でライターさんも使いましたが、従業員の方にもお手伝い頂く方針で、コストを削減致しました。

また、そのままクロージングできるようなサイトにも持っていけるようにコンテンツを作る前段階で、提案させて頂き、納得いただきました。
もし、成功した際に、従業員の方々が、更新、管理が出来る状態に最後は持っていきたかったので、サイト構成は、CMSを採用し作成致しました。

SEOも逆SEOも変わらないもの

それはコンテンツを大事にするという事です。

ブラックSEOを施しまくって、ぐいってあげるのも良いかもしれないですが、長くは続かない。

それだとクライアント様自身、不安がずっと残る事になると思います。

グーグルのアップデートはずっと定期的におこなっており、それをかいくぐるという目線で見てはいけないと思うのです。
あがるべくしてあがったと言う状態を作り出す事がやはり大事だと思います。

その中で、長期的に見て、ブラックからホワイトへ移行可能な手法ははじめの段階で少し取り入れるのはありかな?と思います。

逆SEOを実際にやった事

  • 日本語ドメイン10個
  • 英数字のみのドメイン10個

で運用を開始しました。

  • コンテンツ
  • サイトのHTMLとCSSの最適化
  • パンくずの調整

後はドメインレベルをあげる事を重点的に行いました。

日本語ドメインと英数字ドメインどちらが多く、ランクインするのか?
また、過去の検証結果としては日本語ドメインが強いと出ているが、どうかな?
と思っていましたが、やはり日本語ドメインの圧勝でしたね。

9月が経ち、9サイトはランクインをしましたが、まだまだこれから。
って時に起こります!!

ペンギンアップデート3.0、10月の17、18日ぐらい

このアップデートが追い風を起こしました。
同業者に依頼されていた、サイト達がおもっきり飛んだのです。
それはこちらとしても把握しておりましたが、クライアント様から直接同業者さんが飛んだんだけど。。。
大丈夫?と不安の連絡を頂きました。

こちらとしては、1サイトも飛んでおりませんでした。
若干順位にバラつきが出てはいましたが、安定はするだろうと言う自信がありました。

それから、過半数がランクイン。
クライアント様は過半数とおっしゃっておきましたが曖昧な数字ではなく、はじめの前段階で、目標設定として具体的な数字を提示していましたので、そちらの数字がランクインし、クライアント様の従業員の方達に、更新などの引継ぎをし、一旦はこれにてお仕事終了となりました。

逆SEOでやってはいけない事まとめ

  • ブラックな手法
  • 蹴落とすようなやり方
  • 下げたいサイトに対しての悪いリンクを張る行為

一番個人的に意味がないと思うのが、悪いリンクを張る行為
やられたらやられたで嫌なんですが、今はウェブマスターツールでリンクじたいを否認できる時代です。
やっても意味がない。
いたちごっこになるのがせきのやまでしょう。

そんな事をするなら、素晴らしい記事を1件でも多く作るべきだと個人的に思います。

統括、まとめ

成功報酬型で1ヶ月で上位になり、その保守代金を求める業者様が多いですが、それはかなりクライアント様側として、ハイリスクです。

なおかつ業者にとってはストック収入になります。
これほど、依頼される側に有利な職種もまぁ珍しいとさえ思える内容。

それぐらい難易度は高めだと個人的には思いますし、同業者の方も、料金プラン設定はさすがだな・・・と思います!

しかし、保守代金を払っていても、飛ぶときは飛ぶ!!

お金を支払いした分、飛ばなくなるリスクが高くなるとかはないと個人的には思ってます。

今回みたいなケースでもし、ネガティブサイトだらけになったら。
そのサイト運営者に直接交渉する。
無理なら、押し出すサイトの個数分サイトを作って、しっかり全部運用し、上位表示されているサイト達を上回るサイトを作っていく。って事が言えるかと思います。

タスク管理の話、セルフマネージメントが必要な時代だからこそ

個人的に本が大好きで、良く読みます。

ビジネス本を読むと大概出てくるワードがタスク管理やTODOといった言葉。

このワードが今回の記事の本題です。

タスク管理って何?

人それぞれ定義付けが違うと思うんですが、個人的に思うのが、やるべき事だったり、課せられた事を記憶し、優先順位を付け、管理していく事だと、思っています。

何故、タスク管理が必要なの?と言う問いに対して、作業効率を最大化することが目的としてあると思います。

目的が明確化しているから、タスク管理が行える。

仕事に対して、納期日を決めると仕事がはかどると良く言われます。

ゴールのフラッグ(納期日)が刺さり、そのフラッグに対して、直線かつ最短ルートで走るようにする事が目的。
だから、納期日を決める。

いったら、逆説的な考え方ですよね。

タスク管理を導入するのも、この目的の軸がぶれなければ、三日坊主で終わる事はない気がします。

継続が出来なければ無駄に時間を消費するだけ

タスク管理やTODOリストって言うのは、ホントセルフマネージメントに特化したツールですよね。
使ってると分かりますが、自分自身に対してレールを引いていく作業みたいな感じ、このレールの引き方次第で、時間をうまく活用できるかがどうかがかかっていると思います。

タスクに、ミーティングが3日後にあると分かっていれば、そのミーティングに対して、シュミレーションをしておく事も出来ますし、何より【先手を打てる】って言うのが大きい。

把握をしておく事で、次は何何があると分かれば、先手を打てる。

先手って言うのはほんと大事で、後手に回ると、浮き足出す事が多々あり、大事な商談とかだと、それだけで、失注に繋がったりする。
本来の自分の力を出せないといった方が、正論なのかもしれないですね。

しかし、このタスク管理やTODOリストの作成は導入してから、1ヶ月が勝負なんではないかな?と思います。
その期間継続が出来れば、優れたツールになってくれますし、めんどくさいからやめようと思ってしまえば、やめてしまいます。
結局は無駄な時間、無駄な作業になっちゃう可能性もありますよね。

続けるコツは【2分プロジェクト】を必ず遂行する事

ネットサーフィンしているときに、見て、エバーノートにすぐにメモった用語があります。
【2分プロジェクト】2分でやれることは、今すぐやる。

やらないといけない事を思い出したけれど、今は違う作業をやってるから、後で・・・

ではなく、タスクに放り込む。
いったら、メモですよね。

自分だけが分かれば良いんです。

新しい習慣を始めるときは、2分以内の習慣にあてはめる事で、続けやすくなります。

タスク管理系のアプリも使ってはいるんですが、メモ帳にやらないといけない事リストを作り、一日一日、出来たら消して、追加したら、また違うメモにうつし変えてって言うのをずっとやってます。

デジタル×アナログじゃないですが、デジタルも使いつつ、アナログも取り入れていく。

手で実際に文字を書くことにより、頭が記憶してると感じています。

デジタルの方では、スマホアプリでも配信されている【Todoist】を使ってます。
PC、タブレット、スマホで使えますし、有料版もあるんですが、無料版で全然使える優れものです。
https://ja.todoist.com/

地域密着型ビジネスは自社サイト運営に力を入れた方が良い

ローカルビジネスって言葉はマーケッター、マーケティングに従事している人間は良く耳にしていると思いますが、一般の方からしたら、実際に自分がローカルビジネスを行っている事に対して、ピンと来ない方も多いかもしれません。

俗に言う、地域密着型ビジネス。

都内で店舗や都会で店舗を構える訳ではなく、地元、田舎の地域で商売をしている方に対して使われます。

ローカルビジネスをされている方は本当に良く、紙面媒体であったり、WEB媒体であったりとか飛び込み営業を受けたり、電話営業を受けたりされると思います。

  • 期待できそうだし
  • ○○さんの所もHPを作ったと言ってたな。
  • 最新型と言う言葉に弱い。
  • 他社の成功事例を説明を受けて、イメージとして出来上がる。
  • 値段が値段だし、一回やってみようか?

こういった感じで営業の方に載せられて、広告出稿をする。

効果は出るかもしれないです。

ただ、永続的にランディング運用がかかったり、規約と言うものは随時変わってくるもの。
広告を投げる方がもし、広告だけで利益確保が出来てしまったら、その広告会社が居なくなってしまったときに、自分の会社が・・・

会社の従業員に給料が・・・

払えなくなってしまう。

広告を否定したい訳じゃないんです。
それぐらい、営業って多いな。
営業の方と話しても、めちゃくちゃだな。とか。

決まり文句が【結果は保証できません。】

また、保証させて頂きます。と言うだけ言って、会社名を変更したり、飛ばした会社だって、実際に存在しました。

それぐらい、良い会社と悪い会社が多く存在する。

僕自身、広告を投げた事もあれば、広告のお仕事を引き受けた事もあります。(進行形です。)
※広告に対して、隣合わせの環境に身をおいています。

僕がいつもクライアント様に対して、お伝えするのは、もたれかかる関係を構築するのはリスクが高すぎるという事。

それすなわち、知識をつけてもらうという事。

はじめは不可能だ!と思う事もあるかもしれないです。
雑でデザインに乏しいHP、FB、ツイッターになるかもしれないですが、そこが僕としてはローカルビジネスの醍醐味だと思うんですよね。

地域型ビジネスに置いて、ユーザーが求めているものって、親近感であって、温かみであると思います。
勿論業種によります。

お金をばらまいて、凄い動きをするHP
ライターさんが書いた、プロの記事を配信

若い方はこういうのに、対して敏感だし、良いと思うかもしれない。
ただ、ローカルビジネスの強みは他にあります。

ローカルビジネスの強み

ローカルビジネスの強みと言うのは、HPだけではなく、口コミからのHPアクセスもあるという事
色んな形で、HPやFBページに訪問してくれて、ファンになってくれる可能性を凄く秘めています。

広告の怖さ

一発ものは受けが良く、広告に頼ってもいいかもしれない。

ただ、ローカルビジネスと言うものは永続的にお客様になってくれる商売が大半です。
そうなってくると、ターゲット層と言うのは、店舗の近場の方が対象になってくる。
大体相場的に80パーセント以上の収益が、近場の方になっている場合、会社運営がうまく回っていると思います。

しかし、広告だけの収益で、遠方から、その商品欲しさに立ち寄ってくださり、購入頂いた。
そういったお客様収益だけの場合、まず、リピートしない!
危ないと思います。

このリピートしないって言うのが、2、3年と経過するにつれて、パンチが効いてきます。

広告を打つ前にまず考える事

ビジネスがうまくはいってなかったとしても、乗り切れて、存続できている。
それはどういった方々に支えられて、成り立っているのかを、明確に知る事。

そういった方々をどんどん広げていくのに、対して、広告は必要なのかどうか?のご検討を!

HPを作るのに対しても、地域密着、検索ワード的には検索数が少ないかもしれない。
ただ、その分、SEO的にワードは狙いやすくなる。

そして、そのワードのどれかが、1位を取り、主軸にする事が出来たら、名刺に、付け足す。

そうやって、小さな自分で出来る事を増やしていき、ブランディングを行っていく。

商売と言うものは限りなく、終わりがないもの。
ブランディングに対しても、終わりがないもの。

まとめ(最後)

僕が最終的に求めるのは、HPやFBページ運用だったり、SNSマーケティングだったりって言うものは主軸ではないんですよ。と。
いわゆる自分を代弁してくれるツールなんです。
その代弁してくれるツールを育てていきましょう。

色んな壁があり、そんな時間を使っているヒマはないと思うかもしれない。
時間がかかるかもしれないです。
ただし、諦めずに【継続し続けた人は強い】

そして、それは財産になりうるものだと確信しています。

Googleの新CMが凄いと話題に!?確かに斬新ですよね。

あけましておめでとうございます。

今年のお正月はゆっくりと過ごし、普段見ないテレビとかも見てました。

自分としては動画編集、動画作成とかもやってる身なので、コマーシャルとか結構見てしまいます。

あぁこのCMは良く出来てる。
お金かかってる。

芸能人だけで押してきたな。とかね。

何を訴求しているのか?
深層心理に訴えているのか?

とか、作っている人がどこの視点で作成しているのかを、良く考えてしまいます。

って、こういう角度でコマーシャルとか見ると凄く面白いんですよね。
15秒とか短くて、程良いですしね。

はい!!本題に参ります。

Googleの新CMが凄い!

グーグルさんの新しいCMを探してみるとありました。
下記がそうです。

Google さがそう:「踏み出そう。2015」篇

タイトル通り、探そうって事で求めてるものは【Google検索】

いまさらCMなんて、打たなくてもいいだろ?って思った方もいらっしゃるかもしれないですが、訴求しているのではなく、伝えたい。って感じですよね。

メッセージ性が強い!!

Google検索の活用例みたいな感じ。として僕個人的にはうつりました。

日本全体として、新しい一年の始まり、失敗を恐れず、新しいことにチャレンジしましょう。と言う応援をしているようにも感じますよね。

画像検索機能、YOUTUBEを持ってるから、何でも出来ちゃえるGoogleさんらしい。クリエイトされた、動画ですよね。

凄く温かみがあるCM。

YOUTUBEにあげられた、動画をCMとして採用している点もかなりGood

決して上から目線じゃないですよ。

ただ純粋に凄いなぁ~と・・・

動画で見せてるからこそ、テキストが映える。

メッセージとして受け取りやすいイメージを感じました。

飽きないんですよね。
ぐっと見てしまう。

こういうCMを作って見たいものです。

小田和正さんのCMもかなり見入ってしまいますが(笑)
それはまた別のお話。

ライン(LINE)の社長が交代2015年3月に森川氏は退任へ

今日の取締役会で、森川さんが退任する事が決定されましたね。

本人のブログでも公開されております。
こちら↓
http://moriaki.blog.jp/

驚くようなことではないのですが、やはり、WEB関係者からしたら、気になるニュースですよね。

FBでも、GREEの社長のタイムラインに会食している森川さんや各セミナー関係によく出ているなぁ~といったイメージは持っていましたが、多分ネクストステージを考えてのことだったんだなぁ~と。。。

また、次の社長は前ライブドア社長の出澤さんが担当をするという事ですね。

とこちらも、去年からの一年から主に社長として、動かれていたみたいで、大会社としての、ちゃんとした土台、いつ社長になっても、大きく動かない体制を作っておられたんですね。

こういう所、先を見通す目。

また、手を繋ぐタイミング、バトンタッチが早い。って言うところは今後も見習わないといけないことですよね。

ラインが出始めたときって言うのは知り合いのIT系の経営者などからは、LINEはユーザーが多いが、【キャッシュポイントがない。】

と言われていましたが、

スタンプ
ゲーム
といった事業が好調。

また、価格帯が絶妙だったのかなと思います。

脳科学の茂木さん。
僕個人的に茂木さん大好きなんですが、茂木さんの公開されてるセミナー動画でも、ラインのスタンプはいいよね。
○○とは、全く違う。とストレートに言われて事を覚えてます(笑)

大衆に好まれる、会社=LINE。

日常生活の一部となってますもんね。

お客様が離れない。経営。

まだ残り3ヶ月残っていますが、森川さんにはご苦労様でした。
と有難う御座います。をお伝えしたいですね。

まだまだ、現役でイノベーションを起こしまくるんだろうなぁ~と個人的には思っていて、やっぱり凄いなぁ~と。。。

僕も頑張らないといけないですね。

今年も残りわずかですが、皆さん頑張りましょう!!

マクドナルドが全室禁煙-禁煙するお店が増えてきていますね。

マクドナルドが全室禁煙ですって。

生まれたときから、マクドナルドはあって、確か昔は全室喫煙だったんではないですか?

それが全室禁煙ですって。

時代も時代で変わりましたね。

でも、マクドナルドは業績が悪化しまくっていますし、不祥事?的なものも・・・

どこかで歯止めを効かせたいっていうのが本音なのかもしれないですね。

全てはお客様の為に。

って言うフレーズもいまさらな感もありますが、組織としてでかくなりすぎたんでしょうね。

こういう大きい組織をマネージメントされている方とかってどういう感じで考えて、どういう風に動かしているのか、めちゃくちゃ興味がそそられます。

裏方の参謀役ですよね。

会社には絶対1人はいる存在ですよね。

こういう人たちに未だにあこがれていたりします。

今月ももう少し、夏休みと盆休み。

早く明けて欲しいと節に願っております。

僕自身、プレッシャーにもの凄い弱いので、僕自身の不景気事情も歯止めをどこかで利かせたいものです。。。

また書きますね。

【ツイッター】プロフィールが変更できないエラーに四苦八苦しました。

ツイッターで遊ぶ機会が増えてる。

情報収集にも役に立つし、勿論仕事にも繋がるといえば繋がるし、知らない方とも交流が出来たりする。
スルーされる事もあるけれども・・・汗

で、プロフィールをそろそろ変えないと・・・ってなりました。

って言うのも、中古車販売店に就職したんですけども、それまではこちらの中古車販売店さんは僕自身のクライアント様であり、お客様だったのです。

まぁこの話は長くなるので、おいおいするとして・・・

ツィッターでプロフィールを変更する

ツイッターで、プロフィールを変えるでしたね。
PC環境で、ツイッターにアクセスし、プロフィール変更を更新しても

【現在は更新できません。】

となり、一向に更新できません。

時間が解決してくれるかな?と思ったんですが、時間の経過と共に再度チャレンジしても更新できませんでした。

ググったり、色々なことして調べたのですが、問題解決まで至りませんでした。

こりゃ困ったと一回放置をしてしまいました。

もう一度チャレンジしようと思い、チャレンジしました。

僕の仕事環境が・・・

モバイルはiPhone5s
変えてからまだ一ヶ月も経過しておらず、その前がアンドロイド携帯でした。
タブレットがiPad
PCがウィンドウズとMAC

なんです。

これが問題点だったんです。

結論

結論を話すると、問題が解決し、無事プロフィール更新が出来ました。

上記全ての環境でログインしアプリ連携を行っていたからだと思われます。
また、Facebookであったり過去で言うとmixiも今回アプリ連携してました。

このアプリ連携が何かでつまづいていた可能性が高い。。。って言う点。

iPhoneとアンドロイドの2機種でアプリ連携もしていたもんだから・・・

じゃないのかな。と思いました。

そして、このアプリ連携をまず一旦解除しました。
それでもまだ出来ません・・・

で、タブレットからツイッターにアクセスし、プロフィールを変更する事にしました。
そうするとプロフィールを変更する事が出来ました。

問題解決のまとめ

色んな環境で試してみようという事ですね。
PCで無理なら、タブレット
タブレットで無理ならスマートフォン

ってな具合です。

今回はタブレットで成功しましたが、もしかすると、iPhoneでも出来たかもしれません。
現在はPC環境でもプロフィールの環境が出来るように戻りました。

何かのお役に立てれば幸いです。

アイスウォーターチャレンジについて

最近フェイスブック上で流行ってますね。

僕自身もフェイスブックやってますが、タイムラインがそればっかり。

ちょっと飽きてきて、水被る以外にちょっと小ネタを仕込んだりしていますね。
そういうのは大阪ならでは・・・さすがだと思います。

アイスウォーターチャレンジのルーツ

アメリカで発信されて、ローライダーズクラブ内で発信されたとかで一気に加速し、日本に上陸してきたとされています。

アイスウォーターチャレンジのルール

指名された方は24時間以内に氷水を2杯被って、また3名指名する。
指名された方はそれをカメラに撮影し、フェイスブックまたはツイッターで発信する。

上記を破った場合100ドル寄付する。

巷の反応

面白い動画はやっぱり面白い!!

けれど・・・
飽きてきている(笑)

のが正直な所でしょうか。

自営業の方や飲食店の店主とかが指名されるのが多いみたいですね。
拡散力があるので、知人の知人に自分がやっている事と言うのを認知して貰える。
言ったら【美味しい】って事になるのでは?

拡散力はやっぱり半端ないものだと思うので、有り難かったり、冷たかったり・・・

1人が水を浴びれば、3人浴びる人が増える。

これは一種のチェーンメールの再来とも呼ばれていますね。

それぐらいやはり拡散力は凄いという事です。

全員が全員24時間以内に水を被るとなると、17日で日本人の全人口が水を被る計算になるのだとか・・・

やはりそれぐらい影響が出るものは、自粛されるのも早い!?

もう警察が動き出しているともうわさがちらほら聞こえてたり、警察にお世話になったとか言う話も挙がって来ていますね。

保険のお姉さんから恋愛について学ぶ

会社に毎日お昼時になると保険員のお姉さんが来られる。
新聞の一部と今日の脳トレみたいな紙を持ってきてくれて、いまゆる営業活動の一種ですよね。

保険のお仕事の工程がどのような流れなのかを知らないし、探った所で、うざがられるだけだと思うので、詮索はしない。

ひそかな楽しみとして、新聞の一部【天声人語】を読むのが楽しみであり、新聞をとってもいないのに、毎日見れるのは非常に幸運なんだな。って思うようにしてる。

今日の脳トレは毎日違う脳トレが用意されており、日によって、持ってこれる脳トレに限りがあるらしい。

昨日はナンプレだった。

ナンプレとか本当に久しぶりにやった。

この久しぶりって言うのが、脳に新鮮な空気を与えてくれるんだと思う。

今日の天声人語には、【結婚しない問題について】書かれていた。
男女の結婚しない問題の違いとか見ていて、女性の気持ちって「えっそうなの?」って思う内容もあった。

理想の人とあえないだとか、思い浮かぶに容易い理由ばかりかかれて、自分も未婚の身なので、あぁ気持ちは分かる。
とか思ってたんだけど。

ずっと恋愛しないとやっぱり第一段階で「あぁやっぱりか」とか、柔軟に考えられていないんだろうと思う。
【決め付ける】って言う行為を以外としてるんじゃないかな?って。

この上記の保険のお姉さん自身、僕が自営業のときからのお客様でもあり、知人からの紹介で知り合い世間話をするといったことはなかった。

毎日来るっていうと、忙しいときもあってタイミングが悪いときもあれば、ヒマで丁度良いお話相手になってくださるときもある。

この毎日来るっていう作業以外とめちゃくちゃ大変だなぁ~って思うんですよね。
だって、何話したらいいかわからないじゃない。
全く知らない人もいるわけで、でもそれを乗り越えたらある程度お互いの事を理解しているって事なんですよね。

これって、全く知らないけれど同じ空気感にいる事でお互いがお互いの事を知っていくんじゃないのかな。
って思います。

↑って恋愛と似てませんか?

変に異性だと、思って固定概念を持って接したり、いちいち言葉の一フレーズが気になって、あぁこいつだめだわ。

とかね。

ではなく、お互いが知ろうと思う事から始めてみて、そこから恋愛に発展するかしないかって言う、この一から積み重ねる作業とかが大事なのかなって。

飛び越えようとしているのが多いんじゃないのかな~って最近思った訳なんですよね。

皆さんはどう思いますか?

スポンサードサーチ