メルカリとラクマ比較してみた。ラクマのデメリットは唯一画像登録!

『スポンサーリンク』

メルカリで出してた分をせこせことラクマに移行して、出品しています。
一息の為に、ブログでも書こうかなと。

メルカリとラクマと類似点

  1. 両者とも、パソコンで出品できる。
  2. メルカリは元々はスマホオンリーだったんですが、去年あたりから、パソコンで出品できますね。

  3. システムが殆ど同じ
  4. ほんと、そっくりなシステムですよね。

メルカリとラクマの大きな違いそれは手数料!!

メルカリとラクマの違いはなんといっても、手数料ですよね。

  • メルカリは手数料が10%
  • ラクマは手数料無料

この差は結構でかい。

それでも、ラクマに進出する方は少ないのが現状?

出品するのにも、時間を要します。
1点1点登録するのですが、1件だけ出品とかだったら、そんなに時間はかかりませんが、100件単位とかになると、断然時間がかかりますよね。

この出品時間が、メルカリとラクマでは断然違ってきます。

画像の登録がメルカリとラクマでは全然かかる時間が違う。

メルカリとラクマは両方とも登録出来る画像が、4枚です。

メルカリは、指定させできれば、4枚連続で登録する事が出来ますが、ラクマは1枚1枚登録しないといけません。

これが非常に億劫で、メルカリの出品で慣れている人は、かなりストレスになっているのかもしれません。

メルカリとラクマぶっちゃけどちらが売れる?

答えはメルカリです。

ユーザー数がやっぱり全然違うんだと思います。

例えば、
メルカリで1444円
ラクマで1300円

で同じ商品を出品していたとします。

これ普通に考えたら、ラクマの方がお得だったりしますよね?

ラクマの方が、売れるやすいのではないか?と思うのが一般論ですよね。

しかしながら、売れるのはメルカリが売れる確率が高いんですね。

でも、長期的に見て、ラクマは伸びていく可能性は十分にあります。
なんといっても、楽天が運営していますからね。

資金的にみても、体力は十分にあります。

メルカリは、去年の12月から、システム変更に伴い、業者の方々が減りました。

大幅なアップデートが去年の12月に行われ、業者の方々が極端に減り、本来のフリマアプリとして機能してきたかもしれません。
ただ、明らかに出品数は減ってきていると感じます。

この状態が続くのが、メルカリとして良いのか、悪いのか?って所ですよね。

メルカリは手数料を貰って、運営されているので、出品者と落札者のやり取りが増えれば増えるほど、売上げはあがりますもんね。

ラクマは?業者さんが多いです。

業者さんは多いです。
ただ、業者=悪者ではなく、安く、買いたい商品を多く在庫を持ってる分に関しては、かなりの利点があるはずなんですよね。
ただ、変な個人情報だけ抜き取るような、業者も含まれていますので、そう思うと、どっちもどっちだなぁ~って思います。

安い!と思って、購入し、入金も済んでも、出品者から連絡も何も音沙汰なし。

って言う状況も結構あったりするんですよね。
特に家電系は、多いですよね。

メルカリとラクマ比較のまとめ

メルカリとラクマどちらに関しても利点があるし、欠点もある。

使い分けする事も大切だし、あいみつを取る事も出来るので、うまく使い分けが出来るのであれば、ベスト。

ラクマの画像登録のシステムだけ、RMSが引用されているものだと思うんですが、このRMSじたい、もう既にかなり古く使いにくいので、メルカリの画像登録のシステムみたいにしていただくと、もっと出品者は増えると思うんですけどね。

個人的な感想でした。

『スポンサーリンク』

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*