せどりってどうすれば出来るの?せどりの始め方(はじめから仕入れ方編)

『スポンサーリンク』

せどりって何?って方もいらっしゃるかもしれないです。

せどりって何?

最近はメディアでも、せどりがたびたび扱われます。
高額転売が問題になったり、ポテトチップスが材料不足で、生産ストップとなった事がありましたが、品薄になる事を見越して、大量に買い、品薄になったところで、定価よりも高い値段で販売を行っていたり…これだけだと、せどりは悪になってしまいますが、いわゆる、【商品を売るビジネス。】につきます。
在庫処分として、売られているものを買い、本来の適正価格で売る。
または目利きが出来、古物に対して、安く売られていたりするものを本来の価値で販売する等が主にせどりといわれます。

せどりと小売りの境界線っていうのが、自分としては非常に難しいんじゃないかな。って思います。
だから、はじめのうちは、せどり=小売りみたいな感覚で大丈夫ですね。
メルカリで、物を売る、メルカリで買ったものを、アマゾンで売る。これも立派なせどりに入ります。

当サイトでは、せどりは悪ではなく、正当なビジネスとして、考え、書いていきます。
確かに、極悪なせどり、せどらーがいるのも確かです。
せどりは、本来、物を買い、物を売る。この単純なわかりやすいものですが、そうではなく、リスクを負わず、また自分自身の情報等は一切、開示せず、悪い事をしている業者も沢山います。
極稀にではなく、月に数件、そういった業者から、注文を受けます。

せどりのビジネスモデルについて

安く仕入れて、高く売る。
一言で言えば、これがせどりのビジネスモデルです。

じゃあどうやって仕入れるの?って所から、せどりは始まっていきます。

せどりを行うにあたって、商品の仕入れ方

これも様々な方法があります。
・リサイクルショップや買取店、家電量販店等で仕入れる。
・通販ショップ、楽天、ヤフー等のショップで仕入れる(電脳せどり)と呼ばれています。
・メルカリやヤフオク、フリル等で業者も中にはいますが、個人間で売買されてる所で仕入れる(これも同様に電脳せどり)と呼ばれています。
・問屋さんから仕入れて買う。(せどりと言うよりかは物販です。)

大きく書くとこんな形にまとまります。
上記に書いたものの中には、メリットとデメリットが多く存在します。

せどりを行うにあたって、仕入れ方法のそれぞれのメリットとデメリット

まずデメリットを書いていきたいと思います。

リサイクルショップや買取店での仕入れに関して
・遠方に出向かないといけない。
・買える商品が見つからないかもしれない。
・買い付け先のお店から出禁になる、マークされる可能性がある。

通販ショップ等での仕入れに関して
・誰でも買えてしまう。
・マークされてしまい、利用を禁止される場合がある。
・なかなか商品が見つからない可能性がある。

メルカリやヤフオク、フリル等での仕入れに関して
・なかなか商品が見つからない可能性がある。

次はメリットを書いていきたいと思います。

リサイクルショップや買取店での仕入れに関して
・思いがけないお宝に出会える時がある。
・店舗さえ見つけてしまえば、安定的に買える場合がある。
・場所によっては、ライバルが極端に少なくなる。=利益が出しやすくなる。

通販ショップ等での仕入れに関してのメリット
・出向く事なく、24時間いつでも買い付けが可能になる。
・ショップリストを構築してしまえば、買い付け量が多くなる可能性がある。

メルカリやヤフオク、フリル等でのメリット
・問屋さんと取引きして貰える可能性がある。
・まだまだ未開拓であり、可能性の期待値が高い。
・問屋さんでなくとも、同ジャンルを専門的に扱う出品者もいる為、取引きをすればする程、優位性を得る事がある。

ざっと、デメリットとメリットを書きました。
これ以上にデメリットもあれば、メリットもあります。

使える時間がある人、ない人、近くに店舗がある人、ない人。
様々な環境があると思います。
ご自身の環境によって、変えるといいですね。

『スポンサーリンク』

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*