年末商戦も無事終わり!次は確定申告ですね。

『スポンサーリンク』

年末商戦も無事終わりましたね。

いかがでしたでしょうか?

当方は過去最高を無事記録しました。
2018年の前半は本当に地獄から始まり、結果、生き残れてよかった。と感じた一年でした。

当方はホビー関係を取り扱っていますが、年末商戦が終わると、売上はやはり下がります。
これはもうどうすることも出来ないですね。

逆に仕入れに力を入れるといいかもしれません。

1月のホビー、おもちゃ事情

上記でも書いた通り、1月は売れなくなります。
どちらかと言うと、値段があがってしまった商品が元の値段に戻り、そして、赤字ラインまで落ちても売り切りたいというセラーが現れて、逆に仕入れに力を入れるといいです。

赤字ラインまで落ちてるのに、買付けしても仕方がないんじゃない?って思うかもしれませんが、そこは、ツールや自分の中で検証し、相場観を身につけるといいかもしれません。

年明けからは確定申告一直線

皆さんきちんと確定申告は行っておりますでしょうか?

当方は独立して、3期目、次で4期目になります。

はじめの1年目は確定申告でかなり時間がかかってしまっておりましたが、3期目になると、経理として落せるもの、落せないもの、経理処理を行わなければならない取引先も殆ど固定となり、領収書の山に追われることも無く、1年分が数時間で終わりました。

勿論青色申告です。
せどり初心者の方や確定申告ってどうすればいいの?って方もいると思われますので、書きますが、自力で簿記帳をつけて、って言う作業は絶対にやらないほうが良いです。
会計ソフトを使うべきです。

私が使っているのはFreeeです。
当方が一年目のときにFreeeについて触れていますので、良ければ下記記事もご覧下さい。

会計ソフトFreeeについて

売上が低いから、確定申告はしなくて良いと書いてる人もいますが、絶対行ったほうが良いです。
というのも、巷では確定申告=税金を払うと思われています。
勿論そうなんですが、知識をつけていけば、確定申告って凄く必要な事で、自分の為になるものだったりします。

自分の事業の一種の指標みたいなものです。
一年を通して、走り続けていると、自分が行っている販売が本当に正しいのか、どうか?
一様黒字だけど、どうなんだろ?って思ったりしたことは御座いませんか?

それも確定申告を行っていると、どれぐらい手元にお金が残せたのか?も分かりますし、いざ融資を受けたいって時に、行っていないと融資を受けれなくなります。
また融資相談の時に、順調ですね。とか、うーん、この数字はもう少し削れるとか、色んな相談もさせて頂くことも出来ます。

指標として、数字が確定ベースで残るものなので、融資担当者だったり、銀行の融資担当の人間、他にも様々な方が見たときに、この事業は順調なのか、改善が出来る状態なのかを知れる事になります。

『スポンサーリンク』

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*