せどりの商品リサーチのレベルアップ方法

『スポンサーリンク』

今年は一からもう一度せどりを勉強しなおして、新しいアプローチを何か一つでも出来ればと考えています。

私の販売方法としては、メーカー、問屋仕入れが95%を締めます。
これは、これでOKで、利益率も申し分ないです。

だからといって、新しいメーカーや問屋を開拓するのは、勿論行いますが、販売網を広げたいと思っていて、販売網が広がれば、今既存でお付き合い頂いている、メーカー、問屋さんからの仕入れ幅がもっと増えると思いました。

せどり商品リサーチの上達方法はPDCAに落とし込めるか。

普段、時間をかけるならば、PDCAを回せるようにするようにロジックを組みたいと思っています。

今回の件で言うと、プラン(計画)新しい商品を見つける。おおまかに目標ですね。
する(実行)
今がここですね。
リサーチ方法。

その後には、検証、改善と進んでいきます。
だからこそ、検証できるように組んでいきたいところです。

一般的なせどりリサーチ方法

  • アマゾンで調べて、プレミアがついている商品を見つけて、ヤフオクやフリマアプリで探して、安ければ買うという手法。
  • 店舗に出向き、せどりすと等のアプリでJANを読み取り、その後にモノレートで売れているか、FBA料金シュミレーターに落とし込み、利益がきちんと出せるか?と言うのをチェックする方法。
  • アマゾン内でライバルが明確にいる場合、ライバルのストアフロントページで出品商品をチェックし、その商品の中で、買えそうなものをピックアップし、探し出す方法。

出したらきりがないぐらい、手法と言うのは存在します。

なかなかせどりのリサーチがうまくいかない方の特徴

自分向いてないのかな。とか、全然利益が出る商品を見つけられない。と言う声は沢山聞きますし、嘘でしょ?と思ってる方もいらっしゃいます。

また、上記に書いたような方法で見つかるはずがない。
もっと、ネットには出てないような画期的な方法で、利益を出す人は出してるんでしょ?と思っている方が多いように見受けられます。

答えは、YESでもありNOでもあります。

画期的な方法は確かに存在します。
ですが、恐らくその画期的な方法にたどり着くには、上記を1度通っている方が多いと思います。
そして、見つからない、見つけられない方は、見る視点、見えてる線が稼いでる人、経験値が高い人と異なります。
ただ、この見る視点、見えてる線の差はかなり大きいと思ってOKです。

そして、単発なんですよね。
自分が行ったせどりの手法、先ほど書いた手法を単発で行い、履歴として残さない。
やっぱりダメだった。と言う経験をつみ、殆ど無理だと思って、せどりを続ける人が多い。

だからこそ、脱落者が多いのも事実ですよね。
次は、どうしたら、上達するのか?について書きます。

せどりのリサーチ方法のレベルアップ方法

凄く簡潔なのですが・・・圧倒的な時間差で埋める必要性があると感じています。
上記の手法をより、高角度で商品を見つけるには、沢山見て、こういう系の商品はアマゾンがいる。
こういう系の商品はぷれっているな。と認識し解釈し、そしてそれが、知識、経験として蓄積されていきます。

自分が起こした行動に対して、どういう解釈をしてますか?

値段だけを見ていますか?

ランキングは良いけど、安すぎるよ。といって、離脱してませんか?

パソコンで調べてるなら、キャプチャーで撮影し、検証フォルダーを作って、何月何日の値段とランキング、モノレートデータを保存し数ヶ月後にそのデータ達をチェックし、再度その調べた商品をチェックしてみると、こんなにも違うのか!!!といったデータになってる事もあります。
この検証方法は一つの例です。

実店舗にいき、調べるときも、携帯で無音カメラをいれ、商品の値段等を撮影し、今はこの値段、一ヶ月後に行くと、この店舗は、もし商品が残っていた場合、どのような行動を移してくる?
もし、頻繁に値段があげ、さげ、するような店舗であれば、頻繁に通うとお宝の商品に出会えるかもしれない。
そして、一番値下げをしてくるのはどのタイミングなんだ?と知る事が出来ます。
それを知れると、高確率で、仕入れが出来る可能性が高まりますよね。

この店舗はずっとこの値段で勝負している。
この店舗は、このカテゴリーは余り、興味がなく、品揃えとして、置いているね。
じゃあ、この店舗はどこのカテゴリーをメインで勝負してるんだろう。
とか。様々な事が見えてきます。

結果論だけではなく、様々な仮説を立て、今その時が全てと思い込まないで下さい。

物流は常に流動的です。
だからこそ、ぷれる、専売者やそのカテゴリー商品に従事している人間ではない人達でも販売し、利益が出るという現象が起こります。

調べた商品が、3ヶ月後、1年後には、ぷれっているかもしれません。

そのぷれっている要因は?

せどりが面白い点は、アマゾン等で出ている表示されている値段やランキング、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後の挙動が分かる点です。

これは、プレる前だな。
もう少し時間がかかる系の商品だな。
様々なタイプ、様々な動きがあります。
その中で、自分がどれだけ調べて、どれだけ仮説を立て、検証をした事。
費やした時間に対して、どれだけの情報量を自分が消化できたかによって、手元に残る利益というのは変わってくると思っています。
また、こんなに時間を費やしたのだから、もっと稼ぎたい。と思えるぐらい、圧倒的な時間をこのリサーチに費やして下さい。

そうすると、今まで見えてなかった点、線がうっすらと見えてきます。
その点、線を濃くする為に、再度行動、検証を行うと、もう必然レベルで、必ず、絶対と言うレベルで利益が出る商品を見つけれるようになるはずです。

がんばりましょう。

『スポンサーリンク』

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*