ヤフオクがキャンペーン実施!送料関係!このキャンペーンで見える意図とは。

『スポンサーリンク』

ヤフオク送料一律キャンペーン

送料一律キャンペーン
メルカリやラクマ、ヤフオク等で同時にサービスを開始したe発送サービス。
e発送サービスについては、かなり衝撃的な内容で、業者間では、業者潰しになると批判が殺到しました。
日本郵便の担当の人とも、結構ひと悶着あり、記事にしておりますので、e発送サービスについてはこちらをご覧下さい。

普通にヤマトや日本郵便で、宅配便、ゆうパックを発送すると、関西間でも、60サイズで950円~
それが、600円~発送できるというものです。
ゆうパケットやネコポス等は、比較的安いので、重宝しています。

料金はメルカリやフリル、ヤフオク各社によって、多少金額に変更がありますね。

ヤマト運輸と日本郵便が競う形でサービスを展開しています。

呼び名が違うだけですね。
メルカリだとゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便に分かれています。

ゆうゆうは、日本郵便
らくらくは、ヤマト運輸って感じですね。

日本郵便はローソン
ヤマト運輸はファミリマート、ミニストップで発送、受け取りが出来ます。

ヤフオク、今回のキャンペーンの概要として

ほんと、ざっくりと書くと、出品者負担で1000円以上の出品でe発送サービスで発送を行うと後日100ptをTポイントで付与します。
回数は10回のお取引きまで。

最大で1000pt貰えるって事ですね。

小型サイズのゆうパケットで考えるとヤフオクのおてがる版だったら175円ですので、実質75円で発送が出来るということになります。

今回のヤフオクのキャンペーンの意図を考えてみたいと思います。

ヤフオクの競合として、メルカリやラクマをあげます。
その他に、大きい枠だとアマゾン等ありますが、一番身近な競合はメルカリやラクマだと思います。

メルカリやラクマの特徴として、大半が送料は出品者負担です。
極稀に着払いにしている方もいらっしゃいますが、明らかに売れてない方が多いです。
購入者側も避けようとしています。

出品者側サイドの観点よりも、トータル的な利用者を増やしたいので、メルカリやラクマと同様に明朗決済の送料無料で出品して欲しいと思っているはずです。

私や専売業者等は配送業者と別途契約を行っていたりしますが、行っていない方でも、ヤフオクはおてがる版としてe発送サービスを用意している事の認知をもっと広げたい。

e発送サービスも全体的に10月値上げになりましたが、トータルとして、当方もそうですが、10月送料があがった所が殆どです。
見たときに、e発送サービスは送料の値段はかなり安いんですね。

今回の意図の1点はe発送サービスの認知
もう1点は送料無料出品の比重を上げること。

そして、ヤフオクは、送料に出品手数料がのってこない点を逆手にとって、送料を多めに徴収し、商品代金は安く済ませる代わりに、送料詐欺みたいな事も事例として沢山あります。
手数料が安くなる、かつ送料で実際にはそんなにかからない送料を徴収していますので、利益がのってくるので、お客様を騙して、出品を行っている人間を減らしていく事。

実際にeBayとかでは、梱包にかかる時間を梱包費と呼ぶのであれば、梱包費、梱包するのにかかった材料費等も上乗せを公式的に許可しています。
ただ、ヤフオクはこれは規約的にはOUTなんですね。
一旦はOK出した時期もあったんですが、日本では、梱包にかかる作業の費用、材料費というのは、別途徴収するべきではないという流れなんです。

普通に月に1件2件出品して売るだけなら、梱包費、材料費等はかかってこないんですが、月50件を越えたぐらいから材料は買わないとならなくなってきます。
60サイズの新品のダンボールは当方がいつも買っている所で、@40円~50円になります。
これぐらいはのせてとれるなら、とりたい。。。って言うのが、本音ではありますが、価格競争の上で選ぶのはお客様ですので、難しい現状ですよね。

後は、今回の一番のポイントなのかもしれないとふんでいますが、アマゾンの出品データを吸い取って、ヤフオクに出品している業者が圧倒的に増えています。
俗に言う無在庫転売です。
アマゾンはプライム会員になっていれば、基本的には送料無料です。
これを逆手に取り、アマゾンに出品されている商品情報を吸い取って、ヤフオクに出品している業者さんがいます。

当方はアマゾンも出品していますが、実際にこういった業者と何回も取引きしています。
非常に複雑な気持ちをかかえて取引きを毎度行っていますが、これに対して、ヤフオク側も問い合わせ絶対に入ってると思います。

これに対して、軽いジャブを打った形?になるのかな。と思ってたりします。

今回は無在庫転売と言う事に対して、悪として書きましたが、当方は否定的では御座いません。

言うならば、アフィリエイトと同じになる訳で、こちらが手が届かないところで、販売の営業をし、販売をとってきたわけで、その分、差額を利益として得るのは、良い事だと思いますし、本来であれば、有難いことです。

ただ、今回のヤフオクの件は商品知識も一切なく、吸い取った商品ばっかり売っているので、購入者様も困っているのをよく見受けられます。
玩具等では、よく初回限定、類似の種類があり、片方がレアで片方が通常、レアは別売りとかよくあるんです。

この知識は販売者と購入者では、察知しているわけで、通じ合っていることが殆どで、理解しているんですね。
注意点も記載していますし、ただ、その注意点とかは吸い取ってない事が多いんです。

だから、問題になる。
後は発送の問題点に対して、強引過ぎる。
FBA発送の場合、どうやったとしても、発送元はamazonになるんです。
これは、セラーが手配したとしても、変わりません。
FBAだけではないです、自社出荷でも、発送元を書き換える事は、配送業者からお断りされます。
ヤフオクで自分が売った事にしたいから、発送名義をこちらに変えて発送して下さいメッセージが届いたりしますが、現実的な面で自分が発送したことには出来ないんです、実際にご自身が発送してないですしね。

でも、ヤフオクの無在庫転売の人は、こっち名義で発送して欲しかったと、悪い評価を入れている方を見たことがあります。

この問題点に対して、放置をし無理やり売っている為に、ヤフオクでご購入頂いた方も苦情がこっちにくるんですよ。
なぜなら、自社出荷の場合、こっち名義で発送し、連絡先も載せているからです。

こういった問題点を突き詰めて、クリアしてから、無在庫転売と言うのを行って欲しいのが現状ですね。
強引過ぎると思いますね。

話が脱線しましたが、今回のキャンペーンに関して、1000ptだから、いっかと言うよりかは、いざやってみて、継続可能かどうかって所だと思います。

最後に

ヤフオクや楽天のキャンペーンって無視はしないほうが絶対に良いです。
とりあえず、チェックして、1回やってみるのが、吉だと思います。

実際にキャンペーンというのは、何らかの効果を期待して打つのが大半です。
ミッションがあるんです。

そのミッションはなんだ?って今回みたいに思うようにしていれば、ヤフオクは長期的な舵取りで、今後こういう感じで運営は来ると言う予測が立ちます。

こういった、運営サイドは、我々、セラーが船だとしたら、強風みたいな形で、一瞬で流れを変える力を持っています。その流れを読めなかった、受け入れなかったせいで、撤退を余儀なくされるセラーも今後でてくるでしょう。

それに対して、右に風が来ると予想すれば、右の風に乗れるように帆を変えておけます。
こう来るかもしれない。っていうレベルで良いんです。

仕掛けてる側の思考の裏側の事を考える癖をつけると、為になりますよと言う話でした。

『スポンサーリンク』

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*